2017年5月 小川山クライミング 烏帽子岩左稜線・前編

突然、嵐のように。

その人は現れました。

その名は、「ミサちゃん」。

私に「地球上で一番、敵に回したくない人」と言わしめる程の

あらゆる知恵(と悪知恵?)とパワーと人脈を持っている人です。

その彼女、前日の夜になって

ミ:「明日、青春18切符で松本行くわ!!」

と、突然の襲撃。

いやーーー、楽しかった。

って言っても、どこも観光しなくってもいいんです私達。

ただ会って、喋れさえすれば。

それだけで最高に楽しいんです。

最高に楽しく幸福な時間をありがとう、ミサちゃん。

また遊ぼうねー!

って事で、山以外でもパワーチャージ出来たもおすけの

2017年の山行報告。

根性なし&高所恐怖症のもおすけにとっては、いつも試練!の

クライミング。

小川山クライミング&キャンプの報告です。

スポンサーリンク

2017年5月 小川山クライミング 烏帽子岩左稜線・前編

2017年5月15日 曇り

久しぶりにどっか行こう!と誘っておきながら。

ワタクシには、勉強という大きな課題が残っておりまして。

なんてったって、転職したて。

学ばなければいけない事が、てんこ盛りなのです。

も:「勉強進んでないから、行けるかわからへーん。」

とか、自分勝手な返答をしつつ、行きたいけど勉強がー

あーでも山行けないのはもおすけにとって本末転倒ー

うーーーどうしよーーーー

と脳内すったもんだをしつつ、さぶちゃんの「とりあえずおいでや。」の

一言で、勉強もそこそこに、家を出る。

途中、携帯のナビが迷ってそれだけでキィーーーッとなって

「もー帰るー!!」って気持ち満タンで、なんとか小川山に到着。

二人は一日中岩と遊び、宴会の所へ合流。

出来上がったツマミを食べつつ、

も:「さぶちゃーん、問題出してー。」

テキスト片手に焚き火。

こんなトコで勉強なんてしたくないよ。

でも、家の中でカンヅメよりある意味リフレッシュ勉強でいいんじゃない?

イヤイヤやっぱりここはアウトドアを満喫したいよ、

などと、勉強じゃない脳内問答を繰り返しつつも、焚き火で就寝。

やっぱり来てよかったな。

もおすけを引きづり出してくれてありがとね、さぶちゃん&さんぱっちん。


2017年5月16日 晴れのち曇りのち雨

小鳥の声に目が覚める。

朝食。

お洒落さは皆無な猿合宿ですが、外で食べるってだけで

数倍美味しいから問題ナシ!

目玉焼きじゅうじゅう~。

スペシャルオープンサンドの出来上がり!

パーコレーターで淹れた珈琲と一緒に。

ラピュタの目玉焼きパンみたい。

パクパクもぐもぐ。

さあ、今日は一日頑張るぞ!

本日登るは、烏帽子岩左稜線

実は、ルートをよくわかっていないもおすけですが

どの道もう登るしかないと言う。

もおすけに、選択肢などないのです。

必死で付いて行くのみ。

まずはさぶちゃんがリード。

気をつけてねー。

おうよ。

ああ、頑張ってねとか言いながらアタシもここ登らなくちゃいけないのよね。

忘れてた。

人の登ってるの見てると、つい他人事のように思ってしまいますが

さにあらず。

もおすけも登らなくてはいけないのよ。

・・・ここ登るのか。

なんとか登り切りましたが、このルートはまだまだ続くのです。

再びさんぱっちんがビレイして、

サブちゃんガンバー。

次はぱっちんがリードして、さぶちゃんがビレイ。

お、決まってるねさぶちゃん。

とこんな風に、もおすけは写真係。

写真撮るよー。

姉さん撮ってー。

で、もおすけも頑張って登る。

ええとここに足置いて・・・

どんどん高度を上げていきます。

そして私が苦手なナイフリッジ。

こういう両側が切れ落ちたトコ、通過するの最高に怖いよ。

と、そんなことはお構いなしに、さるのさぶちゃんはとっとこ歩く。

平気だよ別に。

イヤイヤ怖いよ、いつまで経っても。

そうか?よいしょっと。

おさるのさぶちゃん。

ウキ。

略して さるさぶ。

ウキキ。

難なく通過。

で、お次はもおすけの番。

ちょっと覗いただけで、この高度感。

おっかないよー。

ぴえー。

超へっぴり腰で、なんとか通過。

いいんです、無事に通過することが何より。

かっこ悪くったっていいんだもーんだ。

でも、まだ更に試練が待ち構えているのです。

<続く>

ブログ村

こちらも忘れずポチッとね ↓
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ にほんブログ村 アウトドアブログ アウトドア用品へ
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加