2017年7月 猿合宿は小川山で

クライミングをした後は、しばらく経ってから手の皮が剥け始め

指先がボロボロになるもおすけです。

皆様今晩にゃ。

そうなのよー。

え?手の指が水虫??って思うくらい(最初はそう思ってびっくりした)

指先に気泡ができて、皮があちこち剥けていきます。

オイルでケアしても追いつきません。

きっと、一皮も二皮も剥けて指先を強くしていってるんだろうなぁ。

と、ボロ指を眺めながら冷静に思ふ。

そんなもおすけのクライミングキャンプ。

人呼んで「猿合宿」でございます。

スポンサーリンク

2017年7月 猿合宿は小川山で

2017年7月3日

どおでもいいけど、小淵沢のインターから小川山まで遠すぎるよ。

さ:「いい加減、道覚えられないの?」

と、さぶちゃんに言われても。

全部レタス畑だし、遠いし、交差点とか目印ないし。

なので覚えられません。

そのくせ電波状況悪くて、グーグルさんのナビも途中で切断することもあるし。

だから覚えられません。

因みにさぶちゃんは犬並みなので、一度通った道は(通ってなくても)

動物的勘で迷わず行けます。

野獣の勘。

ってことで、もおすけのために小淵沢の道の駅で集合して頂き、

一路、小川山へ。

ええ、本日もクライミングの特訓、まさしく「猿合宿」でございます。

テントをちゃちゃっと設営して、いざ岩へ。

たしか前回は、仕事の勉強しながら焚き火したよなぁ(心から楽しめない)。

なので今回は、岩満喫。

準備ちうー。

姉ちゃん忘れ物ないか?

大丈夫よ、久しぶりにやると色々忘れるけれど。

で、まずはさぶちゃんがリード。

ガシガシガシ。

呆れるほどのふくらはぎの耐久力

続いてぱっちんも。

むずいなぁ。

ムーブはさぶちゃんより綺麗。

ほないきまっせ。

そして、珍しく。

珍しく行けそうなルートだったので、もおすけがリード。

アタシがリードする日が来るなんて

いいんです、出来れば。

超初級ルートだって、やることが肝心。

と、そんなこんなで特訓は終了。

達成感で一杯です。

恒例の、帰り道は薪拾い。

もうねぇ、三人共が野獣な感じ。

他のキャンパーさん達のようなオサレ感はゼロでございます。

薪をズルズル引きずって歩く、もおすけとその仲間達。

まさに猿軍団。

で、明るいうちから着火!!

一見、仲睦まじ気に見えますが

焚き火したり口論したり(ゴミ燃やすなとか何とか)

でも仲良く焼きとうもろこし食べたり、

エヘヘ焼けたよ!

かぶりつきー

一番乗り!

さ:「ぱっちんも食う?」

さぶちんも嬉しそう。

ここから宴はエンドレス。

酒とつまみで

ご機嫌な二人

それを眺むる

もんきち先生。

ええ、勿論いつもの先生メインのアングルですよ。

だって、先生はいつだって正しいのですから。

「オイ、お前らあんまり飲みすぎるなよ。」

さ&さ:「知ったこっちゃねーなー。」

なんだと?💢

と、こんな感じで、宴は進み、酒も進む。

夜の帳が下りて、寒くなっても

ダウンで焚き火

またいつものように、キャンプ場の中でも夜更かし組の私達は

遅くまで飲み&喋り(酔うと二人はいつもおんなじ話)

アタシは先にテントで就寝。

翌日は雨だったので、朝食だけ済ませて解散。

小川山の合宿は、焚き火があるから楽しさ5倍増し。

岩の後にも楽しみがあるのが最高なのでした。

<完>

ブログ村

こちらも忘れずポチッとね ↓
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ にほんブログ村 アウトドアブログ アウトドア用品へ
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加