2013年8月一人でテン泊大縦走9泊10日・18 黒部五郎岳~双六へ

先日職場の近くにツルヤさんがオープンしたので、パンを二斤買ったら

一斤プレゼントされました。

我が家には今、パンが三斤あります。

でもって、お子様に風船プレゼントをしていたのですが

オトナな私は欲しくなってしまったので、

も:『オトナだけど一個下さいッ!』

ってお願いしたら、お姉さんは笑顔で『どっちの色がいいですか?』って。

オレンジと緑だったので、なんとなく今日の気分でこちらに。

2013101309500000信州の青空に映えるねぇ。

45歳になったもおすけです、皆様おぱようございます。

いい大人が何を、って?

いいんですよ。

年齢なんてニンゲンが勝手にカウントしてるだけのことで、

要はどれだけ楽しい毎日を過ごせるか、が重要なんですから。

なぁんてカッコイイ事言って感心させて、

風船のことはサラッと忘れさせる知能犯。

さあ、久々の本日も大縦走の報告。

黒部から双六はいい天気で気持ちいいーーー!

—–

2013年 8月9日 曇りのち晴れ

黒部五郎岳山頂を後にして、降り始める。

私は涸沢のカールよりも、静かで雄大なこっちの方がずっと好きだ。

何度も振り返って見てしまう。

青空が綺麗。

カールも綺麗。

130809_3

 何度も何度も振り返る。

今日もいい天気だ。

そして今日は、三俣山荘で一緒だったケイちゃんに会える。

彼女は今年、双六小屋の受付嬢なのだ。

山の上で知り合いに会えるのは、本当に嬉しい。

白馬山荘にいた頃は、友達が来る日を三日くらい前から

指折り数えて待っていたものだ。

何だろう、あの嬉しさは。

山の上の幸せな空気が満ち満ちている所で再会するから

余計嬉しいのかなー。

嬉しくってルンルンで歩いて、可愛い三角屋根の黒部五郎岳に着く。

テント場に到着、撤収していざ、双六小屋へ。

130809_4

また来るからね、黒部五郎岳さん。

—–

あ、ラジオが始まる。

この日も百田直樹さんの『海賊と呼ばれた男』を聞く為に、ラジオ片手に急登を行く。

途中、どうしても後ろを振り返ってしまう。

その位、黒部五郎岳は素敵な山でした。

130809_5

樹林帯の中から仰ぎ見る五郎さん。ほんとオトコマエ。

思ったほど暑くなく、比較的快適に登りきることが出来た。

稜線まで来れば、こっちのものです。

登ろうが下ろうが、楽しいので苦にならず!

やーーーーっぱりカッコいいわ、五郎さん。

130809_6

もうすっかり目がハート。

登った時はガスガスだった薬師さんも今日はバッチリ。

130809_7

とにかく大きな山です。でーーーーんって感じ。

あんまり眺望がいいので、ザックを下ろして撮影タイム。

今回の相棒・オスプレーのゼナ70L。

130809_8

スタート時よりずいぶん小振りになりました。

準備中、『やっぱり88Lを買えばよかったかも。』と思ったものだが、これで正解。

この容量の中に収められるように取捨選択することも大事、と今回学びました。

赤いザックはお気に入り。

今回はゲイターと帽子・ショートパンツを合わせたので、ザックの赤は差し色です。

さ、ザックを再び背負って出発。

次は三俣蓮華岳を目指します。

歩きながら、どこを見ても気持ちがいい。

こんな日の稜線歩きは最高だ。

ニッコニコで歩いていたら、なんとなく見覚えのあるお方。

声を掛けると、彼はお店の常連さんでした。

少し歓談して、再び歩き始める。

ああ、楽しいなぁ。

さんぱちさんは登り坂はブーブー言ってしんどいとか言うけれど、

私はしんどくても楽しいだけなんですけど。

この稜線から見える雲ノ平。

雲上の楽園ね。

130809_17

遠く雲ノ平山荘の赤い屋根。

この稜線は、本当に幸せだ。

後ろを見ても横を見ても、自分が歩いてきた山々が望める。

しかもこのお天気。

幸せ以外に感じるものがない。

ずんずんずん。

来し方を振り返り。

130809_10

行く方を望むれば。

130809_9

登りの疲れなんで感じる間もなく、三俣蓮華岳に登頂。

ただ、さすがに腹ペコもおすけ。

ここでお昼にしようとザックを下ろす。

今回、いつもお昼はクリフバーをメインとした行動食だけど、食材も余っている事だし作っちゃおう。

黒部五郎の湧き水でまずは乾杯。

130809_15

このカップ、使いやすくて大好き。

予備食として持ってきた、マルタイ棒ラーメン。

今回、これが美味しかったなー。

もちろん干し野菜、わかめ入りで。

130809_13

完成。 頂きますハフハフハフ。

360度の展望のここは、みんな思い思いの場所で休憩を取る。

ほとんどの人は、槍ヶ岳方面を見て休憩していたが、私はやっぱりこちら側。

130809_16

すると昨夜、夕食で一緒だった小学生のめぐちゃんとお母さんのアキコさん。

こんな天気のいい日に雷鳥がお散歩していたとあって、カメラを持って追いかけて大喜び。

楽しいなぁ。

みんな楽しんでるなぁ。

少しアキコさんとお話して、今日も同じ宿・双六小屋へ向かいます。

<続く>

今夜も出来たら更新します。うう、頑張らないと・・・。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ブログ村

こちらも忘れずポチッとね ↓

新着記事
新着記事

『2013年8月一人でテン泊大縦走9泊10日・18 黒部五郎岳~双六へ』へのコメント

  1. 名前:きっと 投稿日:2013/10/27(日) 20:13:29 ID:d21fb8864

    え?

    え?

    2度見してしまった。

    ほんとにその年齢なのでしゅか?

    オバチャンはてっきりもう10歳下かと思ってました。

    すごいですねー。
    オバチャンもがんばりますわ。54歳。

    • 名前:moosuke 投稿日:2013/11/06(水) 08:27:54 ID:e536f23f6

      きっとさんへ

      コメント遅くなってしまいました。
      ハイ、先月で45歳。
      体力とかお肌とか、時間の流れに逆らえない色々と残念なお年頃でございます。

      でも。
      山を始めてまだ丸三年なので、もっともっと登りたい。
      最高の景色が見たくって。
      そしてお山からパワーを頂きたくって。

      これからもガンガン登ります!
      きっとさんも頑張ってくださいね。

      とりあえず更新頑張ります(^―^;)