【おさるのもおすけ日記】2013白馬山荘に集合です!2

もはや。

さぶちゃんにプライバシーなんて言うものはございません。

個人情報?

秘密保護法?

そんなのワタクシには無関係よ、のおさるのもおすけでございます。

皆様こんばんにゃ。

毎度毎度好き勝手な事を書き放題なワタクシでございますが、

そして当たり前でもございますが、いちいちさぶちゃんに了承なんぞ得ていません。

でも、有難い事にクレームを頂いたことも御座いません。

なので、好き放題。

どこまでやったら怒るか、臨界点を知りたいとも思う今日この頃。

で、さぶちゃんと言えば、この夏の縦走。

10日間分の荷物を担いで、焼岳から登ってジャンを越え、キレットを越え、

不帰の剣・白馬を通って、日本海の親不知までの大縦走だ。

その時に地形図を欲しいと頼まれ、買って送る。

大事な地図に、これまた勝手な落書きを添えて。

20130707-6m北アルプス大縦走はロマンでしょう、ってことで。

もちろんこんな事書いて送りつけても、怒る事はなく。

平常心(なはず)。

そんなさぶちんともおすけを引き合わせてくれた、白馬山荘に毎年集まる

“白馬山荘に集合です!”その2の報告でございます。

—–

2013年 7月7日 登るにつれ、大雨&豪風

稜線に近づくにつれ、強風となる。

『皆で離れずに歩こう。』と私が終始言っていたのに、稜線に出てから思い出す。

『ここから白馬山荘までは、絶対に止まらない。』

白馬山荘にいた頃から、決めていたこと。

最後のこの稜線が一番きつく、バテバテになったりスローペースになる人が多い。

だからこそ、ゆっくりでもいいから止まらずに歩く。

そう決めていた事を思い出す。

どう考えても、後ろの3人組はゆっくりだから止まって待つことになるだろう。

ここから迷うこともないし、何度も来ているさぶちゃんも付いている事だから、と一人早歩きで登りだす。

出来れば14時台に着きたいし。

雨の中、ずぶ濡れになりながら最後の登り坂。

そして懐かしい木戸を開けると、そこにはいつもの笑顔のオクちゃんが座って出迎えていてくれた。

—–

オクちゃんと話していると、さぶちゃんたちが上がってきた。

もおすけ、扉を開けてお出迎え。

も:『ようこそ、白馬山荘へ。』

濡れたものを全て乾燥室に入れ、いつもの自炊場へ。

それにしても、ウニゾウが来ない。

みんな心配になって、時々玄関まで行って様子を見る。

大遅刻の17時過ぎにようやく到着。

も:『大雨で大丈夫だった?低体温症になってないか、心配したよ。』

ウ:『あ、下は降ってなかったから。途中、自分撮りとかして遊んでた。』

なんですと?

それで遅れたの?

スタートからして11時ごろだったのに、更に自分撮りして遊んで遅れるウニゾウ。

いろんな常識を超えて、凄過ぎます(でも遅過ぎは小屋に迷惑かかるし危険だからNGです)。

さて、みんな揃った所で夕食。

仲いいんだか悪いんだか!?

それぞれが好きなものを自分で作る完全自炊スタイルの私達。

まずは呑みのつまみから作るさぶちゃんと、ここでもマイペースなウニゾウ。20130707-

同じテーブルに集まろうと言う意識さえない私達。

全てのテーブル使って調理するか?普通。

20130707-1

 さんぱちさんなんて、すっかりソロの人の遠さ。

ごはんを作る時間って、楽しいよねー。

ね、ウニちゃん。 20130707-2

  ウイ。

今日はウニちゃん、夕食はパンです。

パン?って思ったら、なんとホットサンド。

流石、やるねーウニちゃん。20130707-3

遅刻しても細部にこだわるオトコ・ウニゾー。

出来上がり。

美味しそうです。

 20130707-4

 今度私の分も作ってね。

美味しい夕食&呑みタイム。

この後、談話室に移って宴会は続き。

みんなで揃って同じ部屋。

もう寝ようと言ってるのに、一人まだアルコールを買い込んで部屋飲みするさぶ。

ゴキゲンになると、かならずやり出す天井の影絵(西穂の時も一人で遊んでた)。

20130707-5

 皆さんこれがワンコです byさぶ

すべてが懐かしい白馬山荘。

私の第二の人生が、ここから始まったと言っても過言ではない。

初めてここに来た時は一人だったけれど、今はこうして沢山の仲間と共に登ることが出来ている。

なんて幸せな人生なんだ。

全ての出会いに感謝して、眠りに就いた。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ ← あれ。結構一山行に時間かかってるぞ。まずいまずい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ブログ村

こちらも忘れずポチッとね ↓

新着記事
新着記事