【おさるのもおすけ】トシくんと登る小川山1

年末年始の山行を決めなきゃいけないから、さぶちゃんにメール。

も:『今晩話せる?』

さ:『いいよ~。』

でも、ワタクシ疲れてグウグウグウと寝てしまいました。

そして翌日、

さ:『昨日は電話なかったねー。オレも寝ちゃってたけど。わりーね。』

・・・いや、さぶちんはちっとも悪くないんですけど。

も:『いやいやごめん、私疲れて寝てた。今日は大丈夫?』

さ:『えーよ。夜ね。』

そしてワタクシ、またもや疲れてグウグウグウ。

翌朝さぶちん、

さ:『昨日も電話なかったねー。まああんまり気にしない程度で待ってますよ。^-^』

う。

どこまで この人いい人なんでしょう。

私が逆の立場だったら、

も:『もーー、自分から言っておいてなんでかけてこないのよー!こっちは待ってるのにぃー!』

と、プンスカ怒っていたかもしれません。

・・・・・さぶちゃん、いい人だ。

以前、イデぞうに

イ:『いつもイロイロさぶさんだから許されてるけど、他の人にそれやったらマズイですよー。』

って言われたことがあるけど。

うーーん、本当にそうね。

さぶちん、今年も色々ありがとう。

かくして三度目の正直で、ようやく話せた年末年始山行(うたた寝してたのバレたけど)。

その前に、再びこのヒトとの山行報告です。

—–

2013年 9月17日 うす曇り

一般道で道迷いになれる地図読みが大嫌いなもおすけが、頑張って小淵沢駅まで行く。

ピックする人は、トシくん。

岩岩大好き山オトコだ。

も:『今、駅についたよー。』

ト:『じゃあ頑張って走るよー、電車が。』

程なくしてトシくん到着。

苦手な地図読みは彼に任せて、車を走らせ、小川山キャンプ場につく。

テントを張って、早速クライミングの準備。

アプローチがわからないながらも、目的地に到着。

まずはトシくんのリードで。

20130912_ 外岩久し振り~♪

お次はもおすけ。

20130912_1

ここはなんとか。

でも。

この人、わざとでしょーーーっていう位、ワタクシのオモシロ写真を撮ってくれます。

もおすけのオモシロ写真を撮らせたら、右に出るものはいないかもしれません。

20130912_3むぉっ!何これ難しいじゃないのよーー!!

実際ここは難しく、ちょっと時間がかかりました。

ええでもトシくんは余裕です。

20130912_2

ビレイよろしく~。

小雨もパラついてきたので、17時過ぎで終了。

お楽しみのテントで焚き火、が待っています。

—–

木に火をつけて、焚き火の始まり。

海でも焚き火は必ず、と言うトシくんは慣れた手つきで準備に入ります。

スス?

そんなもの気にしません。

いいねーワイルド、それでこそオトコよねってことで、トシくんの年季の入ったお鍋で煮込みうどんを。

 20130912_4

ゴメンちょっと薄味すぎたかなー。ワタシ的には70点。

おうどんの後は、つまみを焼いて。

油揚げとソーセージはお酒に合います。

20130912_5

たまにソーセージが転がり落ちてもご愛嬌。トシくんは動じません(そして食べます)。

飲めない私は、いつものこれを。20130912_6

焚き火とカフェ・オ・レ。至福ですな。

クライミングと焚き火とあっては、ロマン大好きオトコ・さぶちゃんが黙っているはずがない。

今回すごく来たがってた彼は、メールでも珍しく羨ましがって、『いーなーいーなー。』を連呼していた。

次回は一緒に登りましょう。

雨が降っても動じないトシくんは、こんな状態で読書を続ける。

20130912_7

勿論ワタシはテントの中から。

互いに好きなように寛いで、焚き火タイムを楽しむ。

クライミングと焚き火。

最高の夜でした。

20130912_8

これ眺めているだけで、癒されます。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ ←さあ。私はさんぱちさんみたく諦めません。書けるトコまで書きますよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ブログ村

こちらも忘れずポチッとね ↓

新着記事
新着記事