【おさるのもおすけ】りくと行く常念岳1

これだけ頑張れるんだから、もうちょっと前から頑張ってたら書き上げられたんじゃないの?

ってツッコミが来そうなもおすけです。皆様おぱようございます。

でもね。

それが出来ない所がもおすけなのよー。

皆様 既にご存知でしょ?

ショップブログから数えても、ブログ更新歴6年。

一瞬えらい気もするけれど、でもこのサボり様を見ると頑張ってるのかぐうたらなのか。

自分でも自分がよくわからないもおすけですが、とにもかくにも更新です。

本日は、甥っ子リクといく常念岳1でございます。

—–

2013年 9月16日 出発前夜

前日、バイト帰りのリクを拾ってもおすけヒュッテへ。

急いでパッキングのチェック。

翌朝、もおすけ号で目指せ常念登山口。

—–

2013年 9月17日 快晴

日頃の行いのよさか、強運なのか。

リクの初・北アルプスは快晴でスタートです。

20130917_

ちょっと楽しみ。

もおすけの言葉にそそのかされて!?信州に進学をきめたリク。

初めての一人暮らしで、自炊を始めてバイトが忙しくて。

まめに料理をしてる割には、もともと細いのに、この夏で更に痩せました。

私より細いのに大丈夫?

バテずに登れるの?

これまでの登山暦は、2010年の12月の六甲山が一番最初で、

http://moosuke15.cocolog-nifty.com/blog/2010/12/post-f4e8.html

2012年4月の赤岳鉱泉にお散歩しただけ。

http://moosuke15.cocolog-nifty.com/blog/2012/04/post-4dff.html

もおすけは心配イッパイで、後ろから付いて行きます。

初めて見る景色に、マメに携帯で写真に収めるリク。

20130917_1

それなりに楽しいらしい。

この子ってば、私と血が繋がってえるとは思い難い程の、ポーカーフェイス。

そして身長といい、顔つきといい、どことなくウニゾーと似ている(料理もマメだし)。

時折休憩を入れて、でもハイペースで登っていきます。

—–

私は勿論テント泊装備。

ロングサイズの寝袋がないので、リクは小屋泊。

リクにとっては全てが初めてなので、小屋泊も楽しかろう。

私は大型ザックですが、リクは30L.

そして若い(細くても)。

予想を反して、全くバテないリクはさくさくと登る。

だんだん暑くなってきました。

20130917_2

沢の水がめっちゃ綺麗。

沢だけでない。

空の青さも、緑の濃さも。

関西のそれとは、格段に違う。

景色のよいここで、しばし小休止。

パンを食べたり、冷たいお水を飲んだり。

再び元気に歩いて、大好きなこの道標の所まで。

20130917_3

なんてかわいい道標なんだ。もおすけ心をくすぐるわ。

だんだん空が近くなってきました。

20130917_4

     もおすけ、まだー?

あともう少しよ、バテてはないがゴールを待ちわびるリクにそう伝える。

九十九折の道を登る事しばし。

ようやく谷筋から上がってコルへ、つまり常念小屋の前に到着しました。

20130917_5

 すげー、なんか綺麗。

目の前に見えてるのが槍ヶ岳だよ、それに奥穂、ジャン、大キレット。

そんなに一度に言ってもわかるはずないけれど、いつかここからの景色と山を思い出してくれたらいいなと。

小屋泊のリクの足取りに引っ張られ、テン泊装備の私も1時間ショートで常念小屋に到着。

そして常念小屋の前で、記念撮影。

もうちょっと喜べ、リク。

20130917_6

やらされてます感丸出しの顔。

テント泊と小屋泊の受付をそれぞれ済ませ、まずはご褒美のお昼ご飯。

お腹ペコペコです。

20130917_7

リクはラーメンの他に信州リンゴジュースも。

ラーメンを食べ、腹ごしらえも完了したら後は頂上を目指すのみ。

荷物をデポして再び登り始めます。

20130917_8

別にしんどくないし。

リ:『あそこに見えるのが頂上?』

も:『いいえ、あれは偽ピークです。あそこはまだ八合目。頂上はもっと先だよ。』

ちぇっ、まだまだ先かぁ。

と、休憩を取るリク。

20130917_9

それにしてもいい眺めだ。

八合目まで頑張って、そしたらあと少しで。

最後の岩場を慎重に登ったら、目指していた頂上の祠が。

傍にいたおじさんに頼んで記念撮影。

甥っ子リクの百名山・常念岳初登頂です。

20130917_11

     身内と登れる幸せ。お姉ちゃんリクを産んでくれてありがとう。

最高のお天気の今日は、遠く富士山も見えます。20130917_12

初めて見る北アルプスの山頂からの景色がこれとは。リクってばツイてるねー。

山頂でお湯を沸かし、紅茶を入れる。

スィーツと紅茶でしばし休息。

ラッキーなことに無風だから、いくらでも居られます。

風があったらすぐに寒くて下山したくなるもんね。

休んだ所で、下山開始。

何故か私が荷物持ちに。

20130917_13

さ、帰るわよリク。

下りはスタスタと軽快な足取りで降りて、着いてからはお昼寝を。  20130917_15

シュラフマットを外に持ち出し。至福。

私がお昼寝している間、リクは小屋内を探検したり禁断のおやつをむしゃむしゃ食べたり(夕食前なのに)。

夕食は私のテント内で、お約束の煮込みうどん。

この日はレンコンの天麩羅と豚バラも沢山。

20130917_m意外にレンコンの天麩羅の方がかき揚げより美味しいと発見。

ハフハフ美味しい美味しいと、リクも喜んで食べてくれました。

食後の紅茶もしっかりと堪能し、小屋に戻るリク。

私はテントでまったりとした時間を。

月が明るくて、松本平の夜景も綺麗に見えて素敵な夜でした。

20130917_14

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ ← もうちょっと早くスパートかけていれば。私らしく今頃後悔ね。

ブログ村

こちらも忘れずポチッとね ↓
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ にほんブログ村 アウトドアブログ アウトドア用品へ
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
新着記事
新着記事