【おさるのもおすけ日記】憧れの厳冬期ヴァリエーション・前編

この人によって、その存在を知りました。

■ 奥様にラブラブ優しいウニゾー

http://unizobg.blog.fc2.com/blog-entry-60.html

わぁ。

いいなぁ。

などとメールで話していたら。

今度は、さぶちゃんから写真付メールが。

さ:『出ました!自販機だよ。奇跡だな。』

140204_よーーっちゃん♪

ウニゾーといい、さぶおと言い。

うやらましい。

リアルネームをご存知の皆様、もおすけとさんぱっちんのコカコーラを見つけたら買っておいて下さい。

お代金はお支払いしますから。

そしてさんぱっちんのは、三倍高くしてもおすけが売りつけますから

いーなー欲しいなー。

そんなウニちゃんとよっちゃんが羨ましいもおすけの、憧れの厳冬期バリエーションルートでございます。

—–

2014. 3.10

久し振りの、この人との二人山行。

140311_

ザックの高さもほぼ同じ(重さは全然違うけど)。

何故だか他の誰とよりも気が引き締まり、それでいて安心感があります。

気が付いたらもうずっと前を歩いているけれど、うちのグループの中では一番体力的にも近いこの人。

付き合いの長さからか、同じタフさからか。

とにかく落ち着けるんです、この人とは。

—–

ところが問題はやってくる。

振り返れば三年前。

あの天気ではここまでが精一杯だった(むしろ結構危険だった)。

■2011年  吹雪の西穂独標

やっぱりリベンジしておきたいよね、さんぱっちんでも行けてるからもおすけも行きたい!と、

ナメた発言をしつつ、リベンジに臨んだが。

天候悪し。

さんぱっちんのことナメたから、ばちが当たった?

とにかく朝から運転見合わせのロープウェー待ち。

数時間、する事なし。

ゆったりと珈琲飲んで待つ。

—–

やる事ないと、退屈そのもの。

140311_1ふぁ~~~。

さ:『止まないなぁ、雪。 こうなったらタイムリミット決めとかないとな。』

140311_2西穂行けなかったらさぁ、どうする?

あんまり考えてなかったわ。

代替案を。

何時まで待つ?

  140311_3

そーだなぁ・・・。

14時まで待とう。

それで動かなければ、次に行く所考えよう。

そしてPM14:00.

ロープウェーの上のスタッフさんが降りてきたので、運転再開の見込みなし。

ヨシ、急いであの山だ!とばかりにザックを担ぐ。

140311_4

一応前回の事もあったから、竹竿&リボンの目印持ってきたんだけどなぁ。

残念ですが、仕方ありません。

ならば、気持ちの切り替えは早く。

行動も素早く。

同じく運転再開を待っていたおじさんを途中まで送り、新穂高を後にします。

—–

PM16:30.

そして着いたのが、某駐車場。

車、ゼロ。

一日を待機で潰してしまった為に、明日は日帰り山行となる。

それでも山登り自体がなくなるよりはいい。

で、面倒だから車中泊。

さ:『こうなったらさ、飲むっきゃないよね。』

本来なら、西穂のテン場で飲むはずだったお酒で車中宴会に興じるさぶちゃん。

お気持ちはわかります。

ペロンペロンに酔っ払ったさぶちゃんと、いろんな話をして眠りに付く。

明日は晴れますように。

—–

2014. 3 11 快晴

一度は起きたものの、ここ数日の疲れで珍しく二度寝をしたいと言うさぶちゃん。

いつもは私の常套句なのに、よっぽどお疲れなのね。

もちろん二度寝大好きもおすけが、反対するはずがあろうか否ない。

喜んで二度寝。

先のことも考えず。

—–

AM6:30.

ようやく遅いスタートです。

ほんとさぶちゃん、ラピュタに出てくる石のロボットに似てるんだよなぁ、腕の長いトコとか。

140311_5シータならぬ もおすけに忠実なトコとか。

さぶちゃんの二度の山行経験から、本日はここ。

阿弥陀岳南稜です。

そう、一般登山道ではないヴァリエーションルートです。

冬のヴァリエーションに行ってみたかったもおすけのリクエストに、

さぶロボットが応えてくれた憧れのルートです。

ところがどっこい。

そうは簡単に問屋が卸してくれない。

途中まではトレースがあったけど、そこから先は何にも無い。

昨日の雪で、ふっかふか。

またまたラッセルラッセル。

二人ラッセルはきっついわーー。

ここまで登ってくるのに、本当に大変でした。

140311_6ようやく見えた南稜側からの阿弥陀岳

そしてここからも、ラッセルは続き。

覚悟以上の厳しい道が続く。

ようやく稜線。

でも、油断禁物。

さぶちゃんが先に行く。

140311_7           オイラが先に  by さぶロボット

さぶちゃんは何も言わずとも、危険そうな所の前には必ず振り返って私を確認してくれます。

140311_8しろぷー、平気か?

うん、大丈夫。

これでも少しは成長したのよ。

さぶちゃんのアタックザックの背中で、樹林帯の中のラッセルの大変さがわかるというもの。

140311_9やっとここまで来たかー。

でも、まだ先は長いんです。

今度は私が先頭に。

さぶちゃんにカメラを渡す。

いってきま~す。

140311_10ここでも膝上ラッセルです。

何故か、緊張感に欠けて見える背中なのは。

ドウシテダロウ。

140311_11至極真面目なんですけど。

だって、片側はこの急斜ですもの。

慎重&真剣に決まってるじゃないですか。

140311_12な?言った通り綺麗だろ?

うん、ホント綺麗だね。

でもここ、風があったらおっかないよねー、なんて話しながら先に進みます。

まだまだ先は長いのです。

<続く>

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ←やっぱりこの人との山は登り応えがある!さぶファンの皆様、応援ポチコもよろしくね。

ブログ村

こちらも忘れずポチッとね ↓
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ にほんブログ村 アウトドアブログ アウトドア用品へ
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加