【おさるのもおすけ日記】リベンジ!甲斐駒完結編

突然ですが、海に行きたいもおすけです、皆様深夜にこんばんにゃ。

え?

ええ。

これから夏山シーズン本番って時ですが、実はワタクシ、南の海に行きたいんですよ。

お山のもおすけが!?って皆さんお思いでしょ?

そうなんです。

だってもともと女人禁制が多かった山という世界は、男性の“気”が強い所。

そんな場所に丸三年、通い続けていたものだから

体内の陰陽のバランスが取れなくなってきているようで。

女性太陽神である南の海、できればハワイか沖縄か

その辺りにもの凄く行きたい、今日この頃です。

嗚呼、海に行きたいなぁ。

でも、山と違って、海旅に一人で行くのはちょっと寂しすぎる。

うーーーん。

どなたか一緒に南の海に行きませんこと?

そんなことをぼんやり考えながら、雪山報告。

リベンジ甲斐駒・完結編でございます。

—–

2014  3  18

さあ、山頂からの景色も堪能したから下山しましょう。

登りよりも風はおさまり、降りやすくなっていてラッキーです。

こうちゃんの後ろに真っ直ぐな飛行機雲。

なんかカッコいい。

140318_34

僕がでしょ!?

いえ、画的にね。

でも、青空とオレンジ色のヘルメットは補色で映えるわ。

140318_35でしょでしょ。

でもね、そんな事言ってる場合じゃないのよ。

向こうから、どんよりと暗い雲がやって来てるの。

140318_36もぐたんの背後から忍び寄る黒い雲。

山頂にいた時は、遠かった灰色の雲もあっという間に近づいていて。

急いで下山しないと。

東側はまだこんなに明るいのですが、

140318_37最後にもおすけ、撮り収め~。

もぐたんも撮り収め~。

140318_38このアングル、もおすけお気に入り。

自分達がつけてきたトレースを辿って降りて行きます。

140318_39こうして見ると凄い所だ(クリックするとよくわかります)。

急斜はバックステップで。

気持ちは焦るが、でも足元は慎重に。

140318_40空が灰色になってきたよー。

もぐたんも慎重に降りていきます。

140318_41そんなによくない天気なの?

・・・ほんとにもぐたんは お子ちゃまね。

夏の天気と違って、冬のそれはあっという間に豹変するのよ。

変わったと思ったらもう雨も風も、そして気温も一変するんだから。

正確に、でも迅速に降りるも こうちゃんは雪山初心者。

こまめにすぐ振り返っても、距離が開いてしまいます。

ほら、空はすっかり鈍色に。

急いでおりるよ、こうちゃん。

でも、カメラを向けられていると確認したもぐたん。

140318_43あ、しろぷーがカメラ向けてる。

いや、いいから早く降りてきて。

と思っているのに、もぐたんってば。

140318_44この笑顔よ。

私は内心すごく焦っていると言うのに、更に能天気なもぐたんは、

140318_45エイッ!

・・・もーー、いいから早く降りて来なさいッ!

雪山の恐ろしさを知らないというのは、怖い事です。

こればっかりは、いくら口で言って伝わらないんだろうなぁ。

とにかく急いで降りないと。

急ぐのよもぐたん!

140318_46とっとと降りるわよーッ!

この空の色に危機感を持って欲しい。

急げ、もぐ!

140318_47早くアタシについて来るのよ!

だから、写真なんてもういいから。

140318_48置いてくわよ、ホントに。

本当に手のかかるお子ちゃまです。

そんなこんなで、何とか七丈小屋に到着。

140318_50

既に雪は降り始めていた。

急いでテント撤収&パッキング。

忘れ物ないか確認。

140318_49忘れ物はないですかー。

早く降りないと。

ここから下樹林帯だから風の影響は受けないけれど、この気温の高さだから

降りていけば、きっと下は雨になっているはず。

正直、雪より雨の方が冷える事も多いのだ。

雪のついた屏風岩は慎重に。

140318_51この高度感、やっぱり苦手。

ゆるくなった雪面に慎重に。

五合目から下まではずっと雨。

幸い気温がさほど低くなかったので、体が冷え切ることはなかったのですが

それでもハードシェルの下はびしょ濡れに。

こうして何とか無事に下山。

神社の神様に無事の下山のお礼参りをして。

車に戻って、乾いた服に着替えます。

・・・・・ってもぐお、着替えるの遅いよ。

行動全てに時間がかかる、もぐ。

山での行動は常に迅速に出来るようにならないと。

も:『よーーし、早く着替えないと写真に撮ってブログに載せちゃうぞ。』

それがイヤなら早く着替えなさいと言うと、もぐお反抗。

140318_52ふーーーんだ、いいもーん。

あ。

お姉さまに逆らったわね。

よーーーし、本当に写真に撮って載せてやるぅー!

140318_53キャー、やめてしろぷーー。

まさ本当に写真を撮るとは思っていなかった もぐたん。

ようやく慌てて着替え始めます。

140318_54まずいまずい本当に載せられちゃう。

ええ。

載せました。

有言実行のもおすけですから。

(たまにオオカミ少年にもなるけど)

こうしてお子様を手早く着替えさせ、車を飛ばし、家に帰宅。

またしてももぐたんは爆寝をしている間に、私は体に鞭打って道具を広げて乾かし。

ほんの少しだけ仮眠して、夕方の時間ギリギリに起きて

今夜は家に泊まると言う姉を迎えに駅まで車を飛ばし。

三人で焼き鳥屋さんに行って、たらふく食べて私だけ飲んで酔っ払ってゴキゲンで。

とっても楽しく充実した二日間だったのでした。

—–

甲斐駒リベンジ。

一度登ってみたかった、厳冬期の甲斐駒ヶ岳。

二度目も天気に恵まれて、なんとか登頂する事が出来ました。

宝剣とオベリスクと 富士山と雲海と。

全てが揃った最高の景色は、今も脳裏に焼き付いています。

もぐたん、付き合ってくれて本当にありがとうね。

—–

飲んでゴキゲンで家に帰って寝て。

後日、こうちゃんから送られてきた写真には、最高の景色と共に

こんな写真も混じっていました。

くまぷーが、重たいって怒ってます。

140318_55もちろんもぐおの仕業。

 来年も雪の甲斐駒、見に行きたいな。

写真を見て改めてそう思ったもおすけでした。

<完>

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ ←さあ、お次は過去最高に怖かったあの山行です。

ブログ村

こちらも忘れずポチッとね ↓
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ にほんブログ村 アウトドアブログ アウトドア用品へ
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
新着記事
新着記事