【おさるのもおすけ日記】4月の硫黄岳3

忙しい。

師匠が走る月でもないのに忙しい。

あ、忙しすぎてご挨拶をするのを忘れていました。

皆様こんにちにゃ、おさるのもおすけでございます。

連休が珍しく4回もあった5月は、雨で山行があまり出来なかったのに、

7日しかない6月の休日は9割が山へ(つまりしんどい)。

そして7月も休日は今日以外全て予定が埋まっている。

『少しは体を休めたら。』と、周囲に言われるも、誘いがあるのだから仕方ない。

昨日もバテて早々に寝ていたら、知らぬ間に山の誘いのメールがてんこ盛り。

嗚呼、裁けない。

一緒に山に行きたい人が、たっくさん居過ぎて休日が足りない。

そして本日は溜まった用事で大忙しのもおすけですが、まずはその一つ。

硫黄岳の山行報告。

その3です。

—–

2014   4   10   快晴

晴れオンナ二人の朝は、快晴で。

いわずもがなテンションも上がる。

初の雪山は偶然か、弟・こうちゃんと同じ硫黄岳。

さあ、行きますか。

140411_早速アイゼン着けてうれしー♪ のジュンちゃん。

念のため、ヘルメットをつけてもらって今日はピッケル持ってゆっくりと。

転ばないよう、そして万が一の為の滑落に対する初動停止の仕方などを教えて、いざ出発。

途中、ジュンちゃんが『もおすけさん、ハートの雪形がある!ほら。』って言うから

言われるままにカメラを向けましたが、そのときは全くわからず。

後でうちに帰ってPCで見て、初めて位置と形を確認しました。

140411_1確かにハート。

樹林帯の中から仰ぎ見る青空とか、朝日に輝く雪面の白さとか。

ジュンちゃん、いろんな事に感激してはゴキゲンです。

そしてもちろん話は、弟・もぐおの事とか。

ジ:『あー、でも私がヘルメットとか借りたとか知ったら、またうるさいだろうなぁ。』

も:『えー、そんな事でいちいち文句言うの?』

ジ:『言う言う、うるさいもーん。“勝手に僕の使ってー。”とか。』

も:『大丈夫よ、ジュンちゃん。私がそんなこと言わせないから。』

ええ、もぐさん、何か不服でも?

二人でケタケタ笑っては、ゆっくりと高度を上げていく。

そして一番の急登。

そんなところで、なんと私はカメラを落としてしまった。

あ。

瞬時の出来事に、二人とも動けず。

ゆっくりと滑り出したカメラは、どんどん加速していきながら、

そしてスキーの大回転の選手が如く、軽い雪コブでふッとジャンプして、視界から消えた。

・・・・・。

買ってまだ半年しか経っていない。

・・・・・ちょっと取りに行って来る。

心配するジュンちゃんを置いて、登山道を外れ、踏み跡なき雪面をツボ足で下りていく。

ヴァリエーション経験しててよかったー、と思いながら。

でも50mも降りただろうか、雪面を滑るカメラはそれ以上に下りていったようで。

諦めた。

なのでここからは、携帯のカメラのみ(この日、ジュンちゃんのカメラも調子悪くて動かず)。

稜線近く、青空も近くなってきた。

140411_2ほんと、サイコーのお天気ね。

うんうん、天気で言ったらこうちゃんが登った時より、今日の方がずっといいね。

そしていよいよ、標高は森林限界を越え。

更にゆっくりと、慎重に歩くように伝えて登って行きます。

初めての雪の高山の景色に、ジュンちゃんもちょっとビクつきながら。

でも感激しながら。

140411_8 イロイロすごいねー、もおすけさん。

うん、でもよそ見すると危険だから、山頂までは足元だけ見て慎重にね。

素直なジュンちゃんは、きちんと足元だけ見てゆっくりと歩を進め。

無事に登頂。

標高2790m・硫黄岳山頂です。

140411_3そこには最高の景色が待っていました。

あの時はこんな天気だった山頂も、

131114_7

懐かしの弟・もぐたん初登頂。

今日はこのお天気。

140411_4あの時と同じポーズで。

こんな日は、どこを撮っても絵になるもの。

主峰・赤岳をバックに、ジュンちゃんゴキゲンポーズ。

140411_6

雪景色、サイコーね!

うん。

一杯雪山登っている私でも、今日の景色はとっても嬉しい。

そんな私をジュンちゃんが撮ってくれていました。

この一言に尽きる。

140411_5幸せ。

こんな日の景色は、何枚あっても嬉しいもの。

カメラ目線で。

140411_7硫黄岳登頂~♪

この日は不思議な事に、これまで見たこともない数の飛行機雲が。

その数、優に20本は超えていました。

ジュンちゃんとその度に驚嘆、感動。

140411_10大空というキャンバスに描かれる飛行機雲。

大きなV字が出来た時には、二人して感動。

140411_22ますますハッピーなことが起こりそう。

ジ:『私ね、単純だから美味しいもの食べたりとか、綺麗な景色を見れたりだとか、それだけでああ幸せって簡単に思っちゃうんですよ。』

も:『ああ わかるわかる。小さなことでも すっごく幸せー☆ って思えるよねー。』

不思議な事に、こうちゃんよりもジュンちゃんと私はすごく似てる。

ジュンちゃんもそう感じたのか、

ジ:『こーじが、もおすけさんに懐くのがわかる気がする。』

って。

そうなの?もぐたん。

チミのお姉ちゃんと私が似ているから、ワンコのようにしっぽを振って来るのかしら?

閑話休題。

山頂で写真を撮って、おやつを食べて、大満足したので降り始めましょう。

登りより、下りを慎重にね。

流石にジュンちゃん、くだりは少し怖かったようですが。

140411_11ゆっくりゆっくり。

言われた事を忠実に守って、きちんと安全な足取りのジュンちゃん。

こういう素直な子は、一番伸びます。

終始ゴキゲンなジュンちゃん、写真にもそれが表れているわね。

140411_12お山って最高ですね、もおすけさん。

うん、だからジュンちゃんも連れて来たかったの。

そしてプチ事件は再び起こって。

—–

樹林帯に入って、一安心で来た道を戻る。

途中、あのカメラを落としてしまった急登。

先に降りていく私。

も:『ジュンちゃんごめん、先にちょっと降りてもう一回だけカメラ探してもいい?』

ほんの少しだけ先に降りて、件の場所を覗き込む。

最後、フッとジャンプして加速度上げてスッと消えていったカメラ。

あんなに降りて探したから、やっぱりないだろうなぁ・・・

と思いながら、覗き込む。

すると、一番手前の木のツリーホールの中に。

キラッと小さく光る、硬度感のあるものの角っこが。

とっさに降りて腕を伸ばしたい衝動を抑え、静かにピッケルの刃先を輪っかに引っ掛け。

釣り上げる。

も:『・・・・・ジュンちゃーーん、あったーーーー!!』

ジ:『ウソーー!ホントに?すごいすごーーい!!』

本当に奇跡だと思いました。

二人してあんまり嬉しかったので、手元に戻ってきた雪が付いたままのカメラでパチリ。

140411_23この下50mは降りて探しました。

灯台下暗し。

ジュンちゃんも撮ったげるー、と言ったら照れてましたが。

140411_24はずかしーよー。

いやでも二人して 奇跡だ、とびっくりして喜んで。

更にテンション上がってゴキゲンで下って行ったのでした。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ ← やっぱりコンパクトにまとめられない。文章力がないワタシに応援ポチコを。

ブログ村

こちらも忘れずポチッとね ↓
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ にほんブログ村 アウトドアブログ アウトドア用品へ
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加