【おさるのもおすけ日記】4月ソロ残雪五竜~唐松2

すごい。

今年のお誘いっぷりったらもう、凄いです。

あっと、皆様おぱよう、おさるのもおすけでございます。

4月から続いていた同窓会×3のお誘いを皮切りに、先月の休日90%山行、今月も3山行、来月は大縦走。

そして既に9月の山行のお誘いが3件。10月が1件&宴会山行。

・・・・・。

嬉しい悲鳴。

大変すぎます。

『少しは休んだら?』と言われますが、そんな時間ない。

行かない日が晴れていたら、それだけで残念に思っちゃうし、お誘いも多いし。

でもそれ以上に、一緒に行きたい人が沢山いすぎて。

つまりは時間が足りないです。

もっともっと登りたい。

そんな 登らずにはいられない回遊魚のようなもおすけがチャレンジした、残雪期のソロで五竜~唐松岳。

その2です。

—–

2014  4  28    曇り

誰も登ってこないトレースを、ただ一人黙々と辿る。

140428_3遠目でみるとすごい傾斜。いや実際すごいんだけど。

天候がこんなだから、早めに着きたい。

確か4時間弱だったろうか。五竜山荘に到着。

そしたらあの白馬山荘でお世話になった、丸さん、陣さん、五竜でおなじみの熊さんなど

懐かしく嬉しい顔ぶればかり。

こんな天気で訪れた私にびっくりしつつも、『今日こんな天気だし、おそらく誰も来ないしせっかくだから。』と

小屋泊を勧めてくださった。

なのでテントを担いできたけど、ご好意に甘え本日は小屋泊に。

そして荷物をデポして、初の五竜岳に一人挑戦。

そう。

あれは確か2010年。

白馬山荘に勤めていた時の初の連休、白馬山荘~五竜へ縦走したときの事。

翌日は五竜岳~冷池で扇沢に抜ける縦走を計画していたが、雨と風で断念。

遠見尾根から下山したのだ。

『いつか五竜は必ず登りに来よう。』とその時 固く決心したが、まさかこんな雪の時期に来るとは。

誰が思うだろうか、否思わない。

相変わらず無茶苦茶だ。

でも、先日の甲斐駒や西穂西尾根よりはマシなはず、と自ら鼓舞して登って行く。

左のトレースが正解です。

140428_5右は危険。

上の写真の真ん中辺り、岩場の所から上を見上げると こんな感じ。

140428_6雪面が凍ってテカーーーーーーッ。

幸い気温が高かったのでアイスバーンほどでもなく、それでも慎重に詰めていく。

振り返ったら、この景色。

140428_7ちっちゃな五竜山荘と、あちらに見えるは唐松岳。

そして急な斜面を目の前だけ見ながら、アックスを打ち込み登っていく。

だだっ広い傾斜にたった一人。

ただもう怖い。

アイゼンの刺さりを確かめる足元から、覗けてしまう遥か下方の景色に恐怖感を覚えずにはいられない。

それでも、とにかく目の前の作業だけに神経を集中させ、登っていく。

見上げれば、この急斜。

稜線まであと少し。

140428_10近く見えて遠い稜線。そして縦。

この時、阿弥陀岳を一緒に登った、ベテランクライマーY氏の言葉が思い出される。

Y:『一人と二人じゃ、心強さが全然違うよね。』

も:『え、Yさんでもそうなんですか?』

Y:『違う違う、全然違うよー!』

そう。

実際 誰かと一緒でも、ロープを出さない限り 手を貸してもらうわけではない。

自分の力だけで登っている事に変わりないのだ。

それでも、一人と二人では全く違う。

安心感、と言えばよいか 心強さと言えばよいか。

も:『誰かの力を当てにするつもりは全くないのですが、一緒にいてくれるだけで頑張れるんです。

  そんなのって弱い私だけかと思ってました。一人と二人じゃ心強さも頑張りも10倍くらい違いますよね。』

決して大袈裟ではない。

本当に10倍位の違いがあるのだ。

するとYさんは言う。

Y:『10倍どころか100倍位の違いがあるよ!一人と二人じゃ。』

言われて思う。

確かに100倍位の違いがある。

冷静さも出来る事も心強さも、その位の違いがある。

厳冬期の槍~涸沢岳やヴァリエーションを果敢に挑むYさんでさえ、そう思うのか。

厳しい山に登っている彼だからこそ、この言葉が真実味を持って私に迫ってくる。

そしてその言葉は、私を安堵させる。

そう。

そしてこれも人生と同じ。

そんな会話がふと思い出される急斜だった。

—–

でも今は。

一人で頑張らなくちゃ。

必死な中、でも頭のどこかで『私、なんでこんな危険な事しているんだろう。』と、

冷静なもう一人の私が思いながら。

登り切り。

そして稜線の先には、思わず走り寄りたくなる山頂の道標が。

140428_11あともう少し。

逸る気持ちを抑え、雪庇と岩のつまずきに注意しながら。

着いた途端に空が晴れ。

五竜岳・標高2,814 m、登頂です。

140428_12やった、一人でも登れた!

次に行ってみたいは、鹿島槍。

こちらも綺麗に見えました。

140428_13こんな景色に会いたくて登っているの。

山頂から眺める五竜山荘~唐松~白馬三山。

140428_14山頂に着いたら晴れって。最高。

天候も安定していたので、しばし、山頂を独り占め。

のんびり。

無心。

でも、あんまり帰りが遅いと心配させてしまうから。

そろそろ降りましょう。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ ←嗚呼やっぱりコンパクトにまとめられない。永遠の課題。応援ポチコをせめてヨロシク。

ブログ村

こちらも忘れずポチッとね ↓
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ にほんブログ村 アウトドアブログ アウトドア用品へ
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
新着記事
新着記事

コメント

  1. sanpati より:

    先日はお疲れ様
    いやぁ~ 雪の斜面かなり怖そうだすな
    あと急登の写真、すんごいいい感じで撮れていて
    見ていていろんな想像しましたよ…
    で、甲斐駒も思い出しましたわ(汗
    そしてY氏のお言葉に感動ですな
    さんぱちも冬の五竜行きたくなったので
    一緒に行きましょ… いや、ご一緒してくだされ m(__)m

    • moosuke より:

      さんぱっちんへ

      見たよ、甲斐駒。
      多分あの岩を回り込んでのっこす所、かなり怖かったでしょう。
      ええ、五竜も怖いですよ。
      やっぱり雪山のソロは怖い。
      危険だから、自分でもあまりお薦めしないです(自分含め)
      来年行きますか?
      ならばウェイト落としといてねー。