【おさるのもおすけ日記】5月の燕岳・後編

古きを捨て、新しきを迎える。

それは全て捨ててしまうと言う発想ではなく、リユース・リメイク・リサイクルも含まれる。

第二期断捨離も終盤の2014年5月。

いよいよ、これに手をつけますか。

松本に移住する時に買った、ルームランプ。

バッキシ割れました。

140525_割りましたワタクシが。

去年、母が来訪した時に一緒に行った、小布施の和紙屋さん。

その時買って、すっかり放置していた和紙を引っ張り出してくる。

ようやく日の目を見る和紙。

接着剤で割れたガラスをくっつけて。

上から和紙を貼る。

140525_1一人暮らしですが、ワタクシ何故かこんな刷毛をお持ちです。

なかなか綺麗に仕上がりました。

出来栄え?

それは、もおすけ邸に泊まりに来る友人のみぞ知るってことで。

そんなもおすけが贈る残雪の燕岳・後編。

『知らないよ、聞いてないヨ!』の弟・こうちゃんもびっくりの山行報告でございます。

—–

2014  5  17  快晴

夕刻になって、さっちゃん&くみちゃんパーティも到着。

私達が夕食の支度をはじめる頃、賑やかにテント設営をしている。

大人数パーティの一番の醍醐味。

それは何と言っても、賑やかで楽しいことだろう。

大勢の人が楽しいと思う分だけ、全体のテンションと言うか楽しいオーラが一気に上昇する。

そしてますます楽しくなる。

そう、我らが秋の宴会山行のように。

外にいる まさっちやくみちゃんと時折喋りながら、夕食を作る。

本日は、初メニュー・麻婆春雨なり。

さっきお茶&おやつしたけど、やっぱりご飯は別腹。

気が付いたら、こんなに盛っていた。

140525_15いや誰も取らないし。

じ:『もおすけさん、お替りすればいいんじゃないですか?』

って言われて、ようやく気が付いたほどの大盛り。

お腹空いていたのねー、私。

三人前の麻婆春雨ですが、朝食に残すまでもなく二人で完食(比率は内緒)。

その後、さっちゃん達の飲み会にお邪魔させていただき、更に楽しい夜の刻。

やっぱりソロより断然楽しい!

山盛りハッピーな私は、狭いソロテントにジュンちゃんと二人、ぬくぬくで就寝したのでした。

—–

2014     5   18   快晴

テントの外の人たちの声で起きる。

いい天気だ。

ジュンちゃんはすっかり興奮気味。

じ:『もおすけさん、すっごい景色ですよ!』

ご来光に関しては、白馬山荘時代から相変わらずの贅沢病で、あまり関心がない私ですが

(基本寝起き悪いし)、せっかくだから起きておこうか。

カメラを持って外に出る。

何故かここ燕では、いつも雲海に恵まれる私。

140525_17綺麗ね。

私はどっちかって言うと、こっちの方が好きですが。

140525_18残月と槍のモルゲンロート。

ご来光を見て、朝食のミルクリゾットを食べて、山頂にお散歩に行きましょう。

出発したら、山頂でご来光を見ていたさっちゃん達が帰って来ました。

140525_19ヤッホーと手を振るさっちゃん達。

無風快晴。

またしてもご褒美的天気に恵まれたジュンちゃんと私。

この景色の良さに、ジュンちゃんも大満足。

そりゃそうでしょう、初心者で夏山の北アルプスもまだ登っていないのに、残雪期の綺麗な山々を

テン泊して眺められるなんて、最高ってもんです。

そして燕岳登頂。

140525_21

何度来ても嬉しい山です。

烏帽子・野口五郎・赤牛・鷲羽・・・・

何度思い返しても、一番心細く不安で寂しかった大雨山行のルートを眺める。

140525_20こんな天気でもう一度登りたいわ。

山頂で写真をそれこそ山の様に撮って、テント場に戻る。

テント撤収、下山の準備。

ベンチにザックを置いて、最後の支度をしていると、

『あの・・・、もしかしたらブログの・・・・』

も:『あ、ハイ。もおすけです。 えー、でも何でわかったんですか?』

『いえ、私は自信なかったんですけど、主人が『あのでかいザックは間違いない!』って。』

と。

そーかそーか、確かに私ほど大きいザックの女子は少なかった。

なぜだか軽量化できないのは、食べ物のせいか、はたまた他が原因か。

そして一緒に居たジュンちゃんを、この時ブログに更新していたのが弟・こうちゃんとの

アイスクライミング講習だったので、

も:『あ、彼女はこうちゃんのお姉ちゃんなんです。』

と紹介したら、小柄なジュンちゃんを見て、『え、妹さんではなくて?』と。

ハイ一才違いのお姉ちゃんなんですよー、とか紹介していたのですが、後になって

じ:『私はまだブログにも登場してないし、お会いした事もない方なのにこーじの姉とか言って

  話が伝わるんだから、なんだか凄いですよね。』

とジュンちゃんに言われて。

確かに。

その後も、下山中や合戦小屋でもお会いして、嬉しいひと時を過ごさせていただきました。

その大きなザックとジュンちゃんのザック。

140525_22これでも一泊したから減ったんですけどね(大量の食料が)。

名残惜しいですが、高度を下げていきましょう。

—-

途中、アイゼンを外して降りていく。

140525_23アイゼンないとつまらないわー。

無事に中房まで降りて、有明荘で温泉に入る。

ここでも顔なじみのTくんとSちゃんに再会。

山で誰かに会えるのって、本当に嬉しいよね。

下界で偶然会うのよりもずっとずっと 嬉しいのは何故だろう。

理由はわからないまま、お風呂で汗を流し、次は再び胃袋を満たして。

140525_24なんと言われようと天ざるが一番。

続いてジュンちゃんご希望の甘味処へ向かいましたが。

140525_25残念ながら閉店時間。


このお店は次回のお楽しみに取っておいて、別のお店であんみつを。

すべてが楽しい二日間でした。

また行こうね、えーまんさん・ゆきちゃん・じゅんちゃん。

—–

冒頭のルームランプ。

完成したのはいいのですが。

夢中になって千切ったり貼ったりしてたら、あっという間に部屋はこんな事に。

140525_2

 芸術家たるもの、部屋の散らかりなどかまってられぬ。

・・・・・イエ、基本綺麗好きなんですけどね。

多分。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ← さあ!次は驚愕の新キャラ登場です。驚愕の・・・

ブログ村

こちらも忘れずポチッとね ↓
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ にほんブログ村 アウトドアブログ アウトドア用品へ
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
新着記事
新着記事

コメント

  1. mogutan より:

    知らないよ、聞いてないヨ!

    ・・・まったくもう
    いいなー雪の北アは僕もまだ行ってないのにー
    結構ちゃんと歩けるみたいで身内ながらびっくりですが。
    こんな甘味処どこで知ったんだか。。(笑)

    • moosuke より:

      mogutanへ

      いやいや、ジュンちゃん歩き方丁寧だから一度もこけないし元気だよ。
      (誰かさんの方がバテてる?ププッ。)
      次回は三人で行きましょう。

      お姉ちゃんとー(ジュンちゃん)
      もう一人のお姉ちゃんとー(もおすけ)
      もぐおくんで。
      笑。
      楽しいよきっと。