2013年4月・残雪の唐松岳・完結編

皆様ただいま。

おさるのもおすけでございます。

いやもうすごい天気でしたわ。

この話はまた後日。

まずは残雪の唐松岳・完結編でございます。

—–

2013年 4月 13日 快晴

八方尾根スキー場・ゴンドラ乗り場で並ぶ四人。

既に沢山のバックカントリースキーヤーが並んでいた。

八方池山荘でアイゼンをつけて、いざ出発。

天気は上々、機嫌は最高。

元・三俣山荘女子、もっち・桂ちゃん・もおすけの三人はゴキゲンでポーズをとる。

20130413_3   イェ~イ、不帰だぜ。  photo by nisshy

“伸びしろのある男”にっしーも、がっつり登ります。

20130413_4もおすけ姉さんに教わった包丁さばき、役に立ってます。

快晴の不帰の剣、本当に綺麗。

20130413_5

途中の丸山ケルン辺りで、桂ちゃんがギブUP。

ゆっくり行けるところまで行くから、と言うことで

ピークを踏んだことのあるもっちが付き添い、

にっしーと私が、山頂を目指す。

ここを登りきれば唐松頂上山荘があるはず、と頑張って登りきると

目の前には最高にかっこいい剣岳が。

も:『かっこいい!にっしー、剣、最高にカッコイイね!!』

に:『やっぱり剣は最高峰でしょ。』

うんうん、本当に剣はオトコマエだよ。

嬉しさのあまり、一枚。

20130413_6                             剣サイコーーー!

カッコイイカッコイイと何度も繰り返し言いながら、唐松岳頂上を目指す。

山頂直下の急登だけ少し怖かったけど、登りきったそこには

最高の景色が広がっていました。

も:『やったーーー!念願の雪の唐松登頂だー!!』

2011年に初めての冬山の北アルプスで、いっちゃん・さぶちゃんと登りに来てから

二年経ってようやく山頂へ来ることができました。

それにしても、剣かっこいい。

も:『にっしー、私、この剣みたいなオトコの人がいい。ねえ、どっかにいない?』

に:『・・・それって、最高峰って事ですよ。

そんなオトコ、早々いるわけないでしょ。』

も:『でもさ、こんなかっこいい山 見たら惚れちゃうよ。

他の山じゃ満足できないわー。』

こんな事言ってるから、嫁に行き遅れるのである。

でも、剣くらい中身がオトコマエの人がいい。

そう思ってしまったので、これを今後の目標としよう。

閑話休題。

その最高にかっこいい剣をバックにパチリ。

20130413_7

久しぶりの再会のにっしーと。

久々に感動した頂上からの景色でした。

やっぱり山は剣だよね、そんでもって剣みたいなオトコマエの人がいいよね。

(まだ言ってる)

そんなことを思いながら、しばし最高の景色を眺める。

20130413_8

この後、無事に降りてもっち&桂ちゃんとも合流。

温泉入ってご飯食べて、帰りには松本の桜の山・弘法山で夜桜見物。

後ろから、にっしーが撮ってくれた一枚。

ピンボケだけど、すごく素敵で嬉しいワンショット。

20130413_9 三俣ガールズ、松本の夜景に酔う。

この日の夜も、みんなでまた我が家に泊まって。

景色も楽しさも、最高尽くしの三日間だったのでした。

<完>


さあ!次はようやくGW槍ヶ岳山行ですよー!応援ポチコもヨロシクね。

ブログ村

こちらも忘れずポチッとね ↓
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ にほんブログ村 アウトドアブログ アウトドア用品へ
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加