【もおすけ日記】2014南アルプス大縦走・食料編1

昨日、お披露目したイデぞうのイラスト付きうまい棒。
皆さんお気付きですか?
バースデーケーキの上にささっているのは、ロウソクじゃなく
うまい棒だってことに。
よくごらん、ほらねうまい棒でしょ。

141009_1mなんと三本も。

ここら辺、私とイデぞうは“ツボ”なのですぐに気付くのですが 念のため。
可愛いイラストも、もおすけのツボでかなりお気に入りでございます。
そんなもおすけのお届けする、この夏の大縦走。
まずは、大変だった準備編からどうぞご覧下さい。

スポンサーリンク

【もおすけ日記】2014南アルプス大縦走・食料編1

2014 8月 初旬

三日前にパッキングすればいいってもんじゃないんです、私の場合。
10日間分ともなれば、食料だけでも大変です。
どのくらい同じモノを食べたら飽きてくるのか、連日になってくると
どんなものが欲しくなってくるのか。
また、気温で食べたいものが大きく変化します。

すっごく暑ければ、脂っこいものより酢飯とかさっぱりものが美味しく感じられるし、
逆に寒いと温かい汁物が欲しくなってしまう。
10日間の天気予報や、自分がどんなものが食べたくなるかをイメージして用意する。
これが、意外に大変なんです。

それを証拠に、去年はさぶちゃん・ウニゾー・もおすけと長期縦走組は、アルファ米に全員爆死。
その経験を生かしての、今年の食料計画は。
まずは、『事前に家で試食する。』です。

最初はパスタ。
先日のおぎちゃんが教えてくれた、裏ワザ。
なんとパスタは、ゆで時間の倍の時間を水に浸してから半分の茹で時間で茹でると、
生パスタのようにもっちりして美味しく仕上がるらしい。
そんなわけで早速やってみた。

早ゆで1.5分のパスタだったので、まあ4分位。
テント場で出来るように、実際と同じ状況で作る。

140805_9分量のパスタを入れて、水入れて~。

4~5分後、容器の水ごと鍋に移す。

・・・・・もう、この時点で失敗なのがわかる。
だって、茹でてないのに既にパスタさんはフニャフニャなんだもん。
でも寒いテント場で冷えたパスタの夕食なんてイヤだ!
ってことで、お湯を沸かしてから次にパスタ投入~。

140805_10いやもう既に軟らかいんですけどね。

で、夏野菜と合わせて、パスタ完成。
ある夏の日の夕食です。

140805_11細めのパスタはもっさりとしてましたハイ。

■ 結果

パスタは『早ゆで4分』のやつならいけるんじゃない?
でも、水浸し作戦(表現おかしい?)はガスの節約になるから、
夏の長期縦走ならありかも。
冬は当然ながら、凍るのでNGです。

ハイ、次ー。

様々なバリエーションを持たせても全員が爆死した、アルファ米。
ならば、下界の家で食べても『明日もまた食べたい!』と思えなければ、
また飽きちゃうんじゃないか?

ってコトで、家で色々試食。
夕飯がジップロックのアルファ米なんて・・・と思うなかれ。
本人は至って真剣です。

140805_12

 おかずはせめて普通のもので。

ふりかけも、山で使用予定候補の、超ふりかけ・付属のごましお・香りごま塩を食べ比べ。

■ 結果

やっぱり前回の経験から、お赤飯は食べ飽きない。
一番 アルファ米臭くないのだ。
私もそうだったが、普通は白米を選びがちだが、
なんといってもお赤飯に軍配が上がる。
このコは採用~♪

因みにふりかけは、超ふりかけが一番美味しかった。
これだけで、もっとご飯が食べたくなる。
当然、お山にも連れて行こう。
ってことで採用。

ハイ、次~。

コレは前回も作って大正解だった『干し野菜』。
先日の山行で、メッシュくんやお友達が『からりんこ買わないと。』と言っていましたが。
これが噂の『からりんこ』。

確かに長期縦走では、干し野菜は大活躍。
スーパーでも売っていますが、国産野菜かわからないし、自分で作った方が
鮮度も高いから味も美味しい。

干し野菜と言えど、時間が経つと水で戻した時、風味が全然違うのだ。
でも私は、夏ならこっちで充分かな、と。


ザ・ナチュラル乾燥。

要は自然乾燥ね、と自分に突っ込みいれながら書き進めましょう。
朝の出勤前の忙しい時間に、えのきを洗って生姜を切って。

でも、私は知っています。

生姜は乾燥すると小さくなるので、乱暴モノの私が翌朝、
カーテンを開ける時にぶつかったりして
彼らは網からボロボロ落ちてしまうって事を。

なのでクッキングシートを敷く。

アタシ賢い。

140805_3

もうコレで君達は勝手に落ちることは出来まい、フッフッフ。

おおぅ。

くっつかない様に広げたら、えのき先生のスペースがなくなってしまった。

でも、めげない。
もおすけは頭を使う。

140805_1ここに置いて、急いで出勤。

毎日夜に一回、上下をひっくり返して乾燥させる。
縦走期間にもよるけれど、携帯中にカビなければいいんじゃないですか?
ここは適当。
そんなこんなで、連日 試行錯誤を繰り返し、持っていく食料を絞っていく。

結果は次回に。

<続く>

追伸

いくら短いパスタだからって。
軽量する時は、テーブルの上でしましょうね。
でないと、こんな事になりかねません。

140805_13あーーあーーー。フローリングに散乱。

みなさん、うちの母には内緒です(叱られます)。