初・剣岳 その4

先日の話。

仕事場のPCで見たい資料のフォルダを見ていてふと気付く。

あれ?

この資料でいいの?

ふと不安になってワニおさんに聞いてみる。

も:『てんちょー、あの資料ってどこのフォルダに入ってるんですか?』

ワ:『ぁあ?お前、今どこ見てたんだ。』

も:『どっかのフォルダのどっかの資料です。』

ワ:『アホか。〇△ってフォルダがあるだろー。一体何を見てたんだ。』

って繰り返し聞くもんだから、つい

も:『え、夢を・・・』

って言ったら、どうやらてんちょのツボに入ったらしく。

PC画面を覗き込んでいるアタシは、バカ受けしてるワニおに頭を叩かれました。

も:『あっ!暴力上司!!』

ワ:『バカやろう、ウケちまったじゃねえか。』

ひどい上司だと思いませんか?皆さん。

ひどい上司を前枠のネタに使って、更新サボった自分のひどさを軽減させようと

こすい手を使うオンナ・もおすけでございます。

皆様こんにちにゃ。

それにしても、ワニおのツボって浅いのね。

この程度で喜んで頂けるなんて。

と、強気に出てるもおすけがおくる初の剣岳登山。

気になる続きをどうぞ~☆

—–

2014   9月 9日 快晴

夜明け前に起きる。

食事を済ませ、テント撤収。

小屋の方にだけ断りを入れて、こっそり後半の食料をデポして出発。

140909_

晴天

鏡池となった水面に、剣が映える。

140909_1カッコいい。

AM6:27  剣沢小屋

ここから雪渓を下って真砂沢ロッジに向かう。

140909_3

ええ下るんです。

そう、私の目指す剣岳は一般登山道ではなく、北方稜線からの登頂だったのだ。

真砂沢ロッジに着いて。

  140909_4地図を確認。

ここで挨拶をした女の子が、船窪小屋のスタッフさんだと知る。

来月、丁度行こうと思っていたのでそんな話をしたりして。

再び出発。

最高のお天気。

—–

だが。

予想を超える事態がやって来た。

夏の大縦走で痛めたアキレス腱が、再び痛くなってきたのだ。

そんなに荷物重くないのに。

3週間も休んだのに。

急登を一歩上る度に、かかとに響く。

それは、横向きで一歩一歩カニ歩きして上がらなければ歩けないほど。

まるでバテている人のように、ストックに寄りかかるように体重を預けなければ登れない。

歩いていて思う。

『こんな足で、ヴァリエーションルート行けるのか?私。』

痛くて痛くて、途中のベンチで耐えられず休憩する。

羽アリが大量に飛んでいて、地図で振り払いながらこの先を考える。

ただでさえルートの整備などされていないバリエーション。

有名なザレ場もあるから、足元の不安定な所やつま先立ちでの岩場の通過は

この痛さでは不安も増す事必至。

今も痛さと悔しさと不安とで、冷静な判断ができない。

考えた所で、明日にならなければわからない。

とりあえず池の平小屋を目指して歩いた。

↓ 続きは明日。オオカミ少年じゃないよもおすけだよ(だから信用ないのか?)

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ にほんブログ村 アウトドアブログ アウトドア用品へ 

■関連記事

ブログ村

こちらも忘れずポチッとね ↓
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ にほんブログ村 アウトドアブログ アウトドア用品へ
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
新着記事
新着記事