新しい仲間が!

皆さん、どんだけ底力お持ちなんですかっ!

誰よりもアタシが驚いてるもおすけです。

皆様おぱようございます。

ほんとにランキングが一気に2位になってしまって。

びっくり。

・・・・・というか、山ネタじゃなくてもいいのね?

いやむしろ、季節感のない山ネタに皆さん飽きてらっしゃるのね?

ええわかっていますとも!

だからもうちょっとの辛抱ですよ皆さん。

と、読者さんに辛抱を強要している時点で全然わかっていないもおすけですが。

はよ山行報告せい、というツッコミはまたもうっちゃって

ずっと書きたかったこのネタを今日はご報告。

山の上であの人も待ってる、この話。

始まり始まり~。


このブログを昔から読んでくださっている方なら、ご存知でしょうが。

もおすけは、もんきち先生をこよく愛しております(初代先生はお散歩に行っちゃったけど)。

おさるとか、ぬいぐるみが好きなんじゃなく、もんきち先生だけが好きなんですよ。

ええ。

ところが先日、あるぬいぐるみを頂きました。

それはイマドキの❝ダサかわ❞っていうんですかね。

すっとんきょうな顔した犬のぬいぐるみ。

でも、もおすけにはもんきち先生がいるし・・・・・

そだッ!

アイツにあげよう!!

おそらくどんな可愛いぬいぐるみであろうとも、一切興味を示さなさそうな男。

アイツ呼ばわりされるは栗の助。

キュートとか愛くるしいとか全く関心がないヤツです。

だから敢えてプレゼント。

朝イチでロッカーに入れておく。

栗の助登場。

ロッカーを開けて、期待通りのリアクション。

く:『どわ!なんスかこれ。』

も:「ウフ、かわいいでしょ?あげる♪」

く:「要らないスよ! で、ロッカーに荷物入れにくくて邪魔です。」

も:「アンタ何失礼なこと言ってんのよ!かわいいじゃない、ほれほれ。」

と、ぬいぐるみを揺らして戯れさす。

く:「なら大統領が、可愛がればいいじゃないスか。」

も:「だってアタシにはもんきち先生がいるもん。先生が一番よ♪」

あげる要らない失礼な興味ないスから、と やいのやいのと揉め合う二人。

く:「で、なんスか、このスミ子って。」

ぬいぐるみのタグの所にスミ子という文字。

あら、名前があったのね。

レトロチックな名前もツボだわー。

そしてスミ子をあげる要らない、とまた揉め合って。

あ、ならイデぞうにあげよう、とイデぞうロッカーに入れる。

で、昼休みにロッカーを開けると、アタシんとこに移動してる「スミ子」。

昼休み後には、栗の助のロッカーに動くスミ子。

夕方にはイデぞう経由でまた私のところに戻ってきてるスミ子。

やりおったな、と翌日には栗の助のバッグの中のファーストエイドポーチの中に勝手にスミ子。

流石にこれには、2週間ほど気づかなかったようで、
く:「バファリンとスミ子って何ですかっ!」
と突っ込まれました。
も:「バファリンもスミ子も、アンタの苦痛を和らげてくれる存在だってことよ。」

く:「くーーーッ、2週間も気づかずいた事が悔しい!」

も:「プププそうよ。アナタ二週間も毎日スミ子を連れ回っていたのよ。
やっぱりスミ子が好きなのね♪」

く:「だからそうじゃないでしょう。」

大成功。

でも、歓送迎会では勝手に私のフリースポッケの中にスミ子。

ほれ、ご主人様の所に戻りなさい。

150310_2

くりのすけー遊んでーーー。

それにしても、フリースのポケットは盲点だったわ。

こうなると、スミ子をどこにコソッと何処に入れるかに命をかける三人。

イデぞうの車の助手席にスミ子。

車のダッシュボード開けたらガッツリと大きいスミ子 ←これはやられた(※スミ子は大小二つある)

150310_11

ムギュッとスミ子。

朝出社して、ロッカー開けたらぶら下がりスミ子。←イデぞうのしわざ。バカウケしたので栗の助へ。

150310_5

お弁当のメニュー付きよ。

エコバック開けたらスミ子 ←確か栗の助。

025

やめてよ牛乳が入らないじゃない。

カバンとか車とかに勝手に入ってくるもんだから、気がつけば無意識に

150310_4

ダイニングテーブルにスミ子。

お姉ちゃんがくれた、松岡修造さんの最高にウケるカレンダー。

150310_10

修造さん本気な所が最高ね。

なのに翌朝めくったらスミ子。←絶対イデぞう。

150310_12

もはや日付すらない。

三人のところをぐるぐるグルグル廻りまわって。

また家に戻ってきた。

150310_6

ダメよ覗きこんでも ご飯はあげないわ。

よぉーーーし。

ならば、とお返しに飲み会の帰りに猛ダッシュして。

150310_7

イデぞう家のポストにスミ子。

これをコソッとやって、翌日栗の助に報告したら大ッ爆笑。

く:「うわ、家にまで来たらヤだわーーーー。」

も:「でも絶対ウケるよね。」

く:「ウケるウケる!」

もう二人で、いつ気づくかとワクワクしていましたが、見つけた翌日イデぞうには

家族まで巻き込まないで下さい。」と言われました(お嫁さんが見つけたらしい)。

すんごい謝ってるんだけど、アタシは顔が笑ってました(イデぞう&マリちゃんごめんよー。)

そして栗の助の、出勤最終日。

もちろん〆は、スミ子に飾って頂きました。

150310_8

くりのすけ秋まで待ってるよ♪

すっかり三人共、スミ子に情が移っていますが。

やっぱり飼い主は栗の助だとイデぞう&もおすけは思っています。

スミ子をくださった方、ありがとうございます。

こんな風ですが、三人共に至極可愛がっております。


スミ子をコソッと入れて欲しい人。

ポチッとボタンを押してみてね。

押さないと・・・

コソッとアンタのカバンにスミ子が入るわよーーーッ。

つまりどっちもスミ子が入ると。アナタってば幸せものね、フフフ。

ブログ村

こちらも忘れずポチッとね ↓
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ にほんブログ村 アウトドアブログ アウトドア用品へ
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加