女ソロでテン泊大縦走・装備の軽量化シュラフマット&カスタマイズ編

そんなわけでワタクシが、イッテQのイモトさんのマッキンリー報告を

楽しみにしているもおすけです。

皆様こんばんにゃ。

あれを見てると、神戸でお世話になったICIの奥田さんも見れるから楽しいです。

私が白馬山荘で受付してた時に、お店のツアーでいらした際に挨拶したら

「え??なんでここにいるの?」ってびっくりしてたもんなぁ。

加えてオヤビンと従兄弟だって知った時は、もっとびっくりしてたもんなぁ。

TVでお元気そうに活躍されてる姿を拝見するのは嬉しい限り。

(スキー姿は冗談でしょ?って思いましたが。)

今度の日曜日が楽しみです。

で、もおすけのシュラフマットの続きです。

ショートサイズなのに快適に眠れるとはこれ如何に。

大公開編でございます~。

シュラフマットももおすけカスタム

軽量化を考えた結果。

Sサイズしかないだろう。

サーマレスト・リッジレストソーライトSサイズ

でも、快適な眠りじゃないと翌日の山行に響くし。

ってことで、もおすけ考える。

・・・・・

・・・・・

・・・

!!!

あったまいー♪

と、まずは自画自賛から入ります(どうにかならんかこの性格)。

早速ホームセンターで、1cm厚の銀マットを購入。

それを、ロールマット幅で座布団サイズにカット。

そしてその座布団を、Sサイズでたりない足元に敷くと

身長分のマットが完成。

でも、寝てるとずれてしまうので、下に100均の滑り止めシートを敷く。

こうすればズレない!

【効果】

・レギュラーサイズよりも軽い&安いのにしっかり長さもカバー

・特に岩の上で休憩する時などは、この座布団を敷くと痛くないので便利。

・岩やベンチが濡れていても、この座布団があればお尻が濡れない。

こうして北アルプス大縦走南アルプス大縦走 を始め、夏山はいつもコレで

寝ていました。

が。

滑り止めシートの効果が落ちたのか。

最近、朝起きると座布団シートがズレていることが度々。

これはいかん。

という事で。

さる、考える。

チッチッチッチッ・・・

チーーーンッ!

もおすけ、あったまいーーーー!!

再び自我大絶賛。

翌日、またも100均に走ってこれ買う。

150722_

マジックテープ。

あのバリバリって剥がすやつ。

裏面がシールになっているものを購入。

早速、剥がして貼り付ける。

バリバリと硬い側をどっちにするかは大事な所。

150722_1

バリバリくんはマット側に。

因みにもおすけ、マットを頭にする側を決めていて

いつもこちらから巻くようにしています。

【理由】

・内側の方が砂ホコリがかかりにくいから

・巻きぐせが付いて広げても巻き戻ってしまうが、

枕を置けば落ち着くので足側にするより寝やすい。

これらは全て経験則。

貴方なりのルールも教えて欲しいもおすけです。

150722_2

頭側に目印のもおすけマーク。

早速、マットと座布団シートを貼り合わせてみる。

おお!

良いではないかっ。

150722_4

巻き戻りもなく完璧な仕上がり。

これでどんなお嬢様が寝相悪くても、マットは完璧。

安眠を約束してくれるのでございます。

しかもこの座布団シート。

ロールマットを巻いた外側に巻くので、マットの保護もしてくれます。

こんな感じ。

150722_3

岩稜帯や小枝の傷もなんのその。

通常のソーライト Rサイズ 400g

これまでのセット Sサイズ 260g+座布団シート64.5g+滑り止めシート51g=375.5g

今回のセット   Sサイズ 260g+座布団シート60g+マジックテープ4.5g=324.5g

わお!

市販のRサイズより75gも軽いじゃないですか!

軽くアルファ米一食分に近い軽量化です。

いやー、これは嬉しい。

特に座布団としてテント外で使う時も、マットを引っ張りだして使うよりも

濡れや汚れ、穴あきも心配せずに使えるのは本当に便利です。

もおすけ仕様、皆様も是非お試しあれ。

楽天最安値で探すなら→ サーマレスト・リッジレストソーライトSサイズ

さあ、1つづつ準備していきますよー。

お次は何かな(と自分に問う)。

応援ポチコも宜しくね。

頑張って出発前に書き上げるから。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ にほんブログ村 アウトドアブログ アウトドア用品へ 

ブログ村

こちらも忘れずポチッとね ↓
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ にほんブログ村 アウトドアブログ アウトドア用品へ
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
新着記事
新着記事