5【女ソロでテン泊大縦走2015年8月4日】上高地~日本海・親不知まで・槍ヶ岳山荘~初の幕営&絶賛タオル

正直に書きましょう。

2015年8月おさるのもおすけの大縦走・上高地から親不知までの山行予定とコースタイムは。

01日目 上高地~岳沢通って穂高岳山荘、できれば北穂小屋まで     9:35

02日目 北穂小屋~涸沢&大キレット~槍から西鎌~双六小屋まで         10:10

03日目 双六~三俣~野口五郎岳~烏帽子小屋             10:10

04日目 烏帽子小屋~船窪小屋                    7:10

05日目 船窪小屋~北葛岳~七倉岳~蓮華岳~針ノ木小屋        6:00

06日目 針ノ木小屋~針ノ木岳~色々通って~種池越えて冷池山荘        9:55

07日目 冷池山荘~鹿島槍岳~八峰キレット~五竜岳~五竜山荘     9:15

08日目 五竜山荘~唐松岳~不帰の剣天狗山荘            8:35

※ここら辺までの間に悪天などの停滞含め、予備日が一日。

09日目 天狗山荘~白馬三山~雪倉岳~朝日小屋            10:00

10日目 朝日小屋~栂海山荘                     9:30

11日目 栂海山荘~親不知 民宿で一泊                9:10

予備日含めて11泊12日の山行予定でしたが。

初日で予備日を使ってしまって、もう心に余裕が無くなってしまったという。

あ、余裕がなくてご挨拶も忘れてました、こんにちにゃ。

おさるのもおすけでございます。

もう山行報告の、いえ山行のしょっぱなから予定が崩れるという。

だって実際は、

01日目 上高地~岳沢通ってできれば北穂小屋 穂高岳山荘

02日目 奥穂or北穂小屋~涸沢&大キレット~槍の西鎌~双六小屋 槍ケ岳山荘 

ですからね。

まあ、奥穂で気持ちが萎えてしまうのは想定内だったんですよ。

初日で体も出来てないし、荷物重いし、涸沢岳危険だし。

でも、少しづつ巻き返して烏帽子に行くまでに予定に追い付かきたかったんです。

ビコーズ何故なら。

烏帽子~船窪~針の木間は「えぐいよ。」ってさぶちゃんに聞いてたから。

そして去年の秋、船窪小屋から見ていたのです。

そのえぐい、小さなアップダウンの繰り返しのギザギザな稜線を。

しかもこの辺り、距離自体は大したことないのに、途中に小屋も水場もないから

ガッツリ水担いで絶対に目的地の小屋まで、辿り着かねばならないという・・・。

04日目 烏帽子小屋~船窪小屋                    7:10

05日目 船窪小屋~北葛岳~七倉岳~蓮華岳~針ノ木小屋        6:00

ここは何度考えても1日で繋げて13時間歩くのはキツイ。

2日に分けないと。

だから三日目の8月4日、どうしても烏帽子小屋まで行きたかったのです。

因みに地図で、全行程をお見せしましょう。

ズズズィーーーーっと。

150804_10

本当に地図。

皆さんすっかりカシミール3Dとか、ヤマレコの地図画面が載ると思ったでしょ?

フッ。

甘いわよ。

おさるのもおすけが、そんな高等な技術持ってるわけないじゃない。

本当の地図よ。

下の丸が上高地。

そして上が北信・白馬。

槍ヶ岳の辺りに穴が開いているのは、テーブルで「ほほぅ・・・」とか思いながら

見ていたら、灯していたキャンドルの炎で燃えたから。

あっさりと。

だからもおすけの地図は、この辺りのコースタイムは不明です。

でも、それよりもこの時思ったのは、

も:「へぇ。地図って耐水性だけじゃなく耐火性でもあったんだー。」

でした。

だって、メラメラ燃えなかったもん。

さすがよね、昭文社さん。

そしてもっと凄いのが、栂海新道。

表面の白馬の25000分の1地図には入りきらず、裏面に続きが載ってるんだから。

ほらこの通り。

150804_11

 まだまだ行くよ栂海新道。

そしてやっとロマンのゴール、親不知。

長いったらないわー。

もおすけの汗と涙の山行計画を、恩着せがましくもう一度。

150804_12しょっぱいわー。

なんてしょっぱい山行なんでしょう。

もっと甘い登山でもいいんじゃない?と自分に思ってしまう。

そして。

果たして巻き返しなるか?

おさるのもおすけが行く、テント担いで水も担いで

北アルプスの背骨をズズズーーーィっと日本海まで縦走する、大縦走三部作の完結編。

本日はその5でございます。


2015年 8月4日 三日目 快晴

AM3:20に起床。

世間で言う、丑三つ時に起床という早起きさん。

だって今日も行程は長いんですもの。

槍ヶ岳山荘~双六・三俣・水晶・野口五郎を通って烏帽子小屋まで。

コースタイム13:10分の長丁場です。

黙々と儀式のように食事・パッキング・テント撤収と済ませ、

4:30、出発です。

150804_1

大喰岳方面。

槍ヶ岳には、ご来光を山頂から眺める人達のヘッドライトが。

150804_

夜明け前の槍ヶ岳。

当然ながら、ここもスルーします。

日程がもう一日あれば、ピークハントもしていきますが、ね。

小屋の裏手・西鎌尾根を下り始めます。

下りながら北を見ると、遠ーくに白馬岳も見えます。

うそー、あんなに遠くまで歩くの?まだまだ。

150804_2

爺ヶ岳とか鹿島槍とか色々の奥に白馬岳。

ここだけは働いていただけあって、遠くからでもわかります。

白馬岳は、ココ。

150804_2m

この奥へまだ登って、そこから延々と下る。

まだ三日目。

先は長い。

千丈乗越を過ぎ、一昨年歩いておぼろ気に覚えている道を歩く。

三俣山荘からも見えていた、赤岳・硫黄岳。

結構好きです。

150804_3

登山道がないのが残念。

日も昇り、途端に暑くなってきました。

7座目の左俣岳も通過して、8座目。

樅沢岳です。

150804_4


・・・・・。

先生も写らず道標だけだと地味ね。

でも先を急ぎます。

双六小屋にほぼコースタイム通りに到着。

朝露に濡れたテントを乾かし、靴下も乾かし。

足と頭を洗って、給水&トイレ休憩。

思ったより、足の裏が痛い。

そして再出発。

ここからは、庭園的風景が広がることを知っています。

選ぶは巻き道。

前回、中道を通った時に見えたこの道を通ってみたかったのだ。

そして双六のカール。

カールって綺麗ね。

150804_5

関係ないけどカ~ルは美味しいよね。

途中、雪解け水が流れていて冷たくて美味しゅうございました。

そして懐かしの風景・鷲羽岳です。

150804_6

DAITENさん、一応ここまで頑張りましたよー。

そして三俣山荘へ。

ここには、ザックを接客した御縁で繋がったAさんが今シーズン働いています。

なんと山陰からやって来た小屋番さんです。

丁度受付にいらしたので、お話してトイレ&おやつ休憩を。

因みに双六~三俣、黒部五郎界隈は割とシビアなコースタイムです。

前回も黒部五郎小舎から黒部五郎岳への往復も大してショートカットできなかった。

もう少し時間稼げると思ったんだけど。

なので出発。

あの2011年の過去最高に心細くて過酷だった烏帽子小屋~源流碑~三俣山荘の

記憶が強く焼き付いている黒部源流碑コース

半分雪に埋もれて、丸印や砂防の丸太など人工物を見るだけで

心強く思えたあの山行。

あれほど緊張して集中して歩いた山行もないんじゃないかな。

爆雨と風。

終始誰ともすれ違わない灰色の景色。

今日は晴れの中、源流碑を見られたことに深く感謝です。

そしてワリモ北分岐へ登り返し。

まあこれが長いのしんどいの。

でも、途中で素敵な水苔を見つける。

まるでジオラマ。

時間ないのにザックを下ろしてパチリ。

150804_7

コロボックル風に。

いやーん、先生、可愛いじゃないですか!

パシャパシャ撮りまくり。

150804_8

素敵でしょ?

蕗と苔の緑が鮮やかで。

小さなメルヘン。

箱庭的空間でした。

150804_9

子供の頃、佐藤さとるさんの本が大好きだったわ。

なぁんてやっていたら、ものの数分でかの憎きブユに足を肩を刺され。

この後数日間、めちゃくちゃ痒い日々を送る羽目となりました。


水場で給水。

涼しくなるのはいいが、雲がどんどん増えてきた。

入山してからこちら岐阜側は夕方毎日、雲の中。

早く抜けないと。

と思っていたのに、水晶小屋手前でポツポツ降り始めてきた。

ゆっくりと雨足が強くなってきたので、ザックカバー&ツェルトをかぶる。

でも、ここからが凄かった。

一気にザーーーーーッ!

ゲリラ豪雨だ。

さっき、水晶小屋まで後10分の看板があったから、もう少し。

烏帽子はともかく、とにかく水晶小屋へ入ろう。

と登って行くも視界も悪く、小屋も道標も見えない。

そして雷が鳴り始める!

さらには靴が浸水してきた。

まずい!

去年、水漏れで濡れた靴で散々歩いて、皮膚はふやけて白く

爪まで剥がれた悪夢が蘇る。

靴を濡らすのだけは避けたい。

でも小屋は見えない、雨は強くなる一方、雷も。

丁度ここでビバーク出来そうな平地を見つける。

どうする?

ここでビバーク?

土砂降りの中、2分ほど立ちすくんで考える。

本来なら、夏山は幕営地以外でのテントは禁止。

立場上、それが良くないこともわかっています。

やっぱり小屋まで頑張ろう。

再び歩き出す。

でも、雨も雷もどんどん強くなる。

見上げても見慣れた小屋の景色にならない。

ーーーーーー!!

神様許して、と引き返す。

平地に戻り、土砂降りの中、テント設営。

転がるように中に入る。


着ていた服は濡れ、急いで後半用のたった一つの服に着替える。

全てが去年の雨山行を彷彿させた。

小さなコットンタオルを取り出し、濡れた髪と顔を拭くと。

・・・・あ!

思い出して、巾着から小さなもんきち先生を出す。

くまこさんが作ってくれた、もんきち先生。

乾いた柔らかい肌触りの先生に触れた時、冷えきった体も心も

一瞬にして温まるのを感じました。

単純ですが。

まだまだ頑張れる。

PM14:50。

結局雨の影響もあり、この日も烏帽子どころか野口五郎へも辿りつけず、

冬山を除けば、人生初のビバークとなりました。

<続く>


持って行ったから頑張れたアイテムシリーズ。

今回は、ファイントラック・ナノハンカチです。

ファイントラック・ナノハンカチ

ご存じの方も多いと思いますが、こちらのタオル。

ただ速乾性に優れているだけでなく、独自で開発された繊維で石鹸などの洗剤がなくても

水だけで汚れや皮脂・油をすっきり落とすことができるシロモノです。

購入する前、それなりの値段にちょっと考慮し他のものでもいいんじゃない?

とか悩みましたが、買って正解。

このタオルを水で濡らして体を拭くと、驚くほどさっぱりします。

汗のベタつきが、全くと言っていいほどなくなります!

今回、改めて感じたのは、体についた汚れはそのほとんどが土埃であるということ。

女性の皆さんならわかりますよね?

メイク落としシートで顔を拭くと、普段ではありえないほど茶色くなる。

あれです。

石鹸がなくても、このタオルで拭き取ると・・・・

あ~らびっくり。

本当にスベスベになります。

実は初日&2日目は、このタオルで拭かずに寝袋に入ったら

化繊のツルッとした生地がペタ付く感じで、非常に寝苦しかったのですが

雨に濡れたのをいい機に、これで体を拭いたらもの凄くさっぱりして。

あまりの違いに自分でも驚きました。

南アルプスでは、毎日これで拭いていたのでその差に気づかなかった。

150804_13

わずか18g。

卵一個の約3分の1の重さ。

もおすけは軽量化と、腕を伸ばせば背中の真ん中も拭けるので

小さなサイズのナノハンカチですが、男性ならナノタオルがいいでしょう。

夏の登山には、必携のアイテムです。

楽天最安値を調べるなら→          ファイントラック・ナノハンカチ

8月23日からお買い物マラソンもスタート!→ ファイントラック・ナノタオル

おっとその前に、こちらを登録して更にポイントを。

買い物サイト・げん玉  (←ここから登録するだけで250pt貯まります)


大縦走はしょっぱいです。

決して甘くはありません。

明日へのパワー、応援ポチコを。

ポチッ!!↓

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ にほんブログ村 アウトドアブログ アウトドア用品へ にほんブログ村 アウトドアブログ 女性登山者・山ガールへ 

ブログ村

こちらも忘れずポチッとね ↓
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ にほんブログ村 アウトドアブログ アウトドア用品へ
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加