7【女ソロでテン泊大縦走2015年8月6日】上高地~日本海・親不知まで・烏帽子小屋&読書の秋

夏休みを終えてお店に行くと、もおすけのロッカーに荷物が届いていた。

送り主は魔王様(姉)。

?と思って開けてみると。

中にはこの方が。

150806_

食べてなっしー!

ふなっしーグッズを見つけては、自分の娘ともおすけに送ってくれるお姉ちゃん。

なんていい人なのでしょう。

てか、アタシは妹というポジションよりも我が子くらいの認識なのね(ほぼ間違いなし)。

ありがとうお姉ちゃん。

お山で食べさせて頂くなっしー!

そんな保護者みたいな人だらけに囲まれているもおすけの、

5日目だけどザックが全然軽くならないじゃないのよ

&このコースえぐいじゃないのよ大縦走。

烏帽子小屋さんからのスタートです。


2015年8月6日 5日目 晴れときどき曇り

4時に起きて5時に出る。

ヘッデンを点けて出発。

烏帽子岳、本当は登りたいんだけど今回はスルー。

船窪小屋を目指して歩きます。

150806_1

かっこいい山で好きです。

皆の口に上がらないけど、結構かっこいい山です。

山頂からの眺めもいいし。

スルーして歩いていると。

山頂から「おーーーい。」って呼ぶ声が。

多分、私より先に出発していたお姉さん二人組。

烏帽子を上がってから下山すると言っていたので、

もおすけの姿が山頂から見えたのでしょう。

振り返って山頂を仰ぎ見ると、姿を確認することは出来ず。

でも今声したよね?

わかんないけどストックを山頂に向かって振り、再び歩き出します。

お姉さんたちも気をつけてねー。

人っ子一人通ってない道なので、熊鈴を鳴らしながら。

ブヨとか羽虫の音にイラつきながらも歩いていると

チングルマの果穂がお出迎え。

朝露に濡れた果穂、大好きです。

150806_2

いと静けき。

暫くして日が昇ると、赤牛岳方面が焼けてきました。

150806_3

いつか歩くぞ読売新道。

野口五郎~烏帽子間は、砂礫が多いのでコマクサが沢山咲いています。

コマクサの中でも見たいと思っているのが、真っ白な駒草。

アルピナ(突然変異)で白いので、数が少なくめったにお目にかかることが出来ません。

でも。

この辺り、花の額の部分は薄ピンクですが、花びらが白いものが多くって。

これって白い駒草じゃないの?


150806_4

明らかに花弁は白。

白い駒草とピンクの駒草が交配されてこんな配色になったのかな?

この辺り、結構見られました。

朝の静かな気配を堪能しながら、朝露に濡れながら。

クマさん出てこないでよと思いながら、笛吹きつつも進むもおすけでした。

<続く>


この日の出発が遅かったのは、言うまでもありません。

前夜、これを読んでいたから。

150805_10

楽天ブックスはこちら → 神去なあなあ夜話

アマゾンはこちらから → 神去なあなあ夜話

この晩、完読しました。

この作品は、なあなあ日常・なあなあ夜話、どちらも本当に面白くて。

なかなか小説は読まないもおすけですが、久し振りの大ヒットでしたねー。

この縦走中でも、二回読み返しましたから。

これから秋の夜長に入るから、Coffee片手に如何ですか?

お家でも。

もちろん肌寒いテントの中でも。

お薦めです。


続きは夜に。

約束します!

なので応援ポチこの愛の手を宜しくどうぞ~。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ にほんブログ村 アウトドアブログ アウトドア用品へ にほんブログ村 アウトドアブログ 女性登山者・山ガールへ 

ブログ村

こちらも忘れずポチッとね ↓
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ にほんブログ村 アウトドアブログ アウトドア用品へ
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加