11【女ソロでテン泊大縦走2015年8月7日】上高地~日本海・親不知まで 針ノ木小屋の夜&持参したタオルはこれだけです

せっかく現行に追い付いたのだから、と毎日頑張って更新しているもおすけです。

皆様ごきげんよう。

それにしても、誰とは言わないさんぱっちん。

アンタ、それなりに大変な山行してきたんだから

もっと書き込みなさいよーーーッ。

最近、前枠も端折って横着してるでしょ。

アタシなんて、こんだけ書き込むのに毎日どれだけ時間かかってるか。



てか、どうして私は文章を短くすることが出来ないのだ?

これでも山の一日の中で起きた出来事や会話を、随分端折ってるつもりなのに。

ナゼダロウ。

ドウシテダロウ。

おやびんブログみたく、チャチャって書き上がる写真メインの

ブログにできたら、さぞ楽だろうに。

なんでデキナインダロウ。

でも、ここで喋っておかないと(書かないと)、

もおすけ、窒息して倒れちゃうかもしれないから

やっぱり書かせて頂きます。

こうしていつも前枠からして長い、人呼んで親不知オンナもおすけの

今日も頑張る北アルプステント泊大縦走。

初の針ノ木小屋の幸せな時間の報告です。


2015年 8月7日 晴れ

蓮華岳山頂でおやつ休憩したら。

後は下るだけなので、ゆっくりのんびり。

ああ、やっぱり山はこうでなくっちゃね。

150807_18

だってこの景色だもの。

前に見えているのが、針ノ木岳。

明日はここを登って、写真の右へ向かってずーーーーっと歩きます。

しばらくすると、針ノ木小屋さんが見えてきました。

150807_19

可愛い小屋ね。

更にてくてくてく。

150807_20

早く着きたいよー。

小屋が見えてからが長い、山のあるあるマジック。

うれしくってテケテケと早足で降りていきます。

AM10:30に針ノ木小屋に到着。

まだ10:30ですよ?

遊び放題じゃないですか!!

でも早いから・・・と先を伸ばせば次のテント場は8時間後。

そして、その先が切りにくくなる。

なので、今日はここでOK!

まずはテン場にザックを下ろし、お財布持って受付へ。

でも残念ながら、気に入るご褒美的おやつは見つからなかったので

水だけ買って、テント設営。

お湯を沸かし、いつもの儀式。

お疲れもおすけ。

おやつの時間だよ。

150807_21

心なしか先生も食べた気。

因みにこのカステラ。

保存料とか入ってないのに、まあまあ常温保存が可能なので有難い。

バウムクーヘンよりしっとりしてるし、たまごたっぷり感が嬉しいし。

難を言えば、重いことくらいでしょうか。

(しっとり=重い、でございます。)

そしてやること(=着替え・体拭き・洗濯物干し・テント内の整理整頓)やってから

ゴロンと昼寝。

あー最高だー。

恥ずかしながらもおすけ、初めて大縦走を満喫した気分です。

ここまでは常に巻き返しと天候の不安・岩稜帯への不安がてんこ盛りでしたからね。

まだ八ツ峰キレット・不帰の剣は残ってるけど、何とかなるでしょう。

昼寝から起きたら、徐々に疲労がたまって痛くなりつつある右足を伸ばしておこうと

小屋のベンチへと向かったのでした。


小屋のベンチには、夏山を満喫している人で一杯。

お一人で座っている男性の横が空いていたので、断って横に座らせて頂く。

足の裏モミモミしながら、地図を見る。

うーん、明日は冷池までだからコースタイム9:55。

また10時間コースだね?

とか思いながら見ているうちに、どちらともなくお隣さんと話していると。

なんと横にいらっしゃったHさん。

小谷村のガイドさんと知り、びっくり。

でもねー、素人の方じゃないなーとは思ってたんですよね。

ガイドさんて発しているオーラが違うんですよ。

ああやっぱり、と思いつつもそこから話が広がって、

白馬山荘時代の常駐隊のTさんYさんNさんAさんMさんの話から、

他のガイドさんの話まで。

Hさんも私が白馬山荘時代に、ガイドでいらっしゃってたとわかり。

うーん世の中狭いわぁ。

なぁんて話していたら、向こうからやってきたガイドさんに挨拶するHさん。

あれ?

常駐隊のYさんじゃないですか!

そう、今日はガイドとして雪渓から上がってきたとか。

Y:「あれ?2人知り合い?」

も:「いえ、今日初めてなんです。」

Y:「今日、この後Nさんもここに来るよ。」

常駐隊のNさんも、パトロールで今日はここに。

その後、Nさんも到着されて、プロの皆々様にこれからのルートや

栂海新道のアドバイスを頂く。

白馬山系を通れば、誰かに運が良ければ逢えるかなぁと思っていたのだが

こんなに大勢の方にお会いできるなんて。

やっぱり白馬は私にとってホームグラウンド。

懐かしい方々にお逢いできただけで、嬉しさと安堵感がこみ上げます。


テントに戻って、夕食の準備を。

まずはこれから。

150807_24

なめこと平茸。

まずは水で戻します。

そして本日のメニューは、山の定番・お茶漬けペペロンチーノ。

150807_25

先生には華を添えて頂いております。

そう。

長期縦走の鉄則。

こういう登山口から短時間で登って来れるテント場ではご馳走を。

もおすけは学びました。

ビコーズ何故なら。

皆さん初日(一日)だから、ご馳走担いでる率が高いので。

横で焼き肉とかソーセージとか焼かれた日には、その匂いに釣られて

もおすけ歩み寄ってしまいそうになります。

フッフッフ。

だからもおすけもご馳走を。

そう、食料準備編には敢えて載せていなかったこの子が初登場。

150807_25m

地鶏の炭火焼。

真空パックで軽く、常温可能・缶詰よりゴミの処分も楽で◎。

オリーブオイルで、この地鶏を炒めたら・・・

うーん、たまらん!

炭火の香りがパスタに移って、これ、最高のお味です。

256円というお値段も良心的。

そこに味付けは、お茶漬けの素。

あのねー、このお茶漬けの素で作るパスタ、すっごく美味しいんですよ。

美味しく作る小技のレシピは、また後日に。

茹でてる間に、明日の朝食の準備も。

150807_26

お赤飯in塩昆部長・生姜・干し梅

「お食事の準備が出来ましたよー。」

ワァーイ。

150807_27

ナスの味噌汁は豚汁風に。

この日は地鶏で、大満足の夕食でした。

日が傾き始め、明日行く山々のシルエットも美しく。

150807_28

遠くに爺ヶ岳・鹿島槍ヶ岳。

反対側は、遠ーくに穂高の山々が。

150807_29

槍は雲の中。

偶然、お向かいのテントの方がブログ読者さんで、お話出来たり。

思いもかけず沢山の方にお逢いできてhappyなテント場になりました。


話は変わりますが。

ここのトイレ、かなり好きです。

風のせいか?無臭だったのもあるんですが、なんせ窓がいい。

和式なので、丁度座ると目の前にこの景色が。

150807_30

穂高を眺めながら御排泄を。

あんまり気に入ったもんだから写真撮りましたが、

便器にカメラ落とさないかヒヤヒヤしました。

夕暮れ時には、槍にかかっていた雲も切れて。

150807_31

あそこから長かったなぁ。

でもまだ半分も来てないしなぁ。

ま。

明日も暑くても稜線歩きを楽しみましょうね、先生。

150807_32

そうだねもおすけ。

この日は、もの凄く星が綺麗で。

天の川までくっきりと見え、眠るのが惜しいほどの夜でした。

<続く>


今回、私が持って行ったタオル類(拭くもの)は、これが全てです。

150807_1

・しまちゃんがくれた黒百合ヒュッテの手ぬぐいは、日よけ&汗拭きに。

・グレーの速乾性タオルは、テント内やインソール、濡れた足先などB級エリア用(要は雑巾ね)

・綿のタオルは、心が疲れた時に顔を拭くタオルとして

ファイントラックのナノハンカチは、山のお風呂的存在。

詳しいナノハンカチのレポはこちら→ 5・今年の大縦走は暑いったらなかったわby槍ヶ岳

本当は綿のタオルは無くても事足ります。

ですが去年、連日雨続きで寒くて濡れた体でテントに入って、乾いたタオルを顔に当てた時。

ものすごくホッとして安らいだのが忘れられなくて。

ああ、あったかい。

それだけで、疲れが取れると言っても過言ではないほどしんどい時もある。

ここぞの時のふかふか(でも乾きを考えて薄め)は、人を幸せにしてくれます。

ファイントラックのナノハンカチ と手ぬぐいは必携ですが、縦走中は全て大活躍。

最軽量なら、綿のタオルなしでもOK。

どこまでシビアに装備を削れるか。

逆に山行によっては、どれをプラスする価値があるか。

山もブログもそうですが、情報をそのまま真似したり

鵜呑みにするのは、時として危険です。

特に登山ルートやウェア装備など、技術や経験・体感温度など個人差が大きいものは

貴方なりの物差しで、検討して決めて下さいね。

もおすけでした。

【お知らせ】

ブログ村の山ガール&女性登山者ランキングから当ブログを読みに来て下さってる皆様。

いつもありがとうございます!

ですが明日からこのジャンルから抜けますので、お気に入り登録もしくは他のカテゴリーから

ご覧下さいますようお願い致します。

これからも頑張って書き続けます、皆様の応援ポチコがガソリンのもおすけでした。

カテゴリ移っても応援ポチコはよろしくね♪

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ にほんブログ村 アウトドアブログ アウトドア用品へ にほんブログ村 アウトドアブログ 女性登山者・山ガールへ