某出版社よりご連絡&テント泊縦走の山食事について・朝食編

本日は、都合により大縦走の更新をお休みして別の話題を。

あ、もおすけ、都合とか言っちゃって、単なるおさぼりでしょ?

とか思ったアナタ。

ふふふ、まだちょっと甘いわね。

(当たっていてもココは否定)

じゃあ、本日のタイトル通り、出版社から連絡来たから自慢話したいんでしょ?

と思ったアナタ。

残念ながらそれはハズレです。

縦走記は長いから疲れるけど、単に他に書くネタが無いからです(オイ)。



いえね。

何でも「もおすけブログの中の写真を一枚使いたい」って

承諾の問い合わせなだけですわ。

あら、それは「ツェルトもおすけ」かしら?

それとも、天使の笑顔の数々の写真かしら。

それともキュートなもんきち先生のショット?

などと思う間もなく、単なる人物(&先生)じゃないショットが一枚、でしたとさ。

勿論、「御社のお仕事に役立つのなら」とお返事しましたが。

こんな小さなブログまで探して辿り着くなんて、お仕事の人は大変だなぁ、と

心底思いました。

あ、もおすけ写真を載せるなら、サインは3枚までね(するんかい)。

と、出版社の方は忙しいので、きっともうこんな日記読んでいないだろうから

書き放題。

でも、これ以上また調子乗ってアホボケを書いていたら

マスコミよりも恐ろしい、家族から総ツッコミが飛んで来るのでこの辺で。

本日は、2015年大縦走の食事について。

山ごはん、食事のレシピ、そもそも食事って何してるの?

山ほど聞かれるこの質問に、お答えしていきましょう。

大縦走の山ごはんメニュー・朝食編

大型ザックで一人で歩いていると。

山頂、小屋前での休憩、スレ違いなど、ふと疑問に思った皆さんは

こぞって怪しい登山スタイルのもおすけに、質問を投げかけてきます。

重そうな荷物ねぇ、それ、何泊くらい?

え?11泊?どこまで?

え、じゃあスタートは何処なの?

ええ?上高地ー?

それってどんなコースでここまで?

え?もしかしてアナタ一人?

女性で一人で縦走してるの?

で、その荷物何キロなの?(最初の質問を思い出してここに戻る)

もうこの質問が、ほぼほぼ上記の順でしかも100%の割合で質問攻めに。

もう、会話の流れが三日目くらいでわかるようになってきたので

そこからは「あ、白馬方面まで・・・」と、予定ゴール地点を濁してました。

皆があまりにびっくりするから、逆に恥ずかしくなってきて。

で、これらの質問をされた後に100%聞かれるのが、

「食事ってどうしてるの?」

でした。

これ、面白いことに本当に100%なんです。

誰も縦走コースやザックの重さ、予定プランを聞いた後に、

着替えの枚数ガス缶の数なんて聞いてこないんですよ。

100%。

100%絶対の順で、次に食事のことを聞かれます。

なのでもおすけは、用意していた答えを告げます。

も:「こんな大縦走だからこそ、ドライフードですよ。」

ええ。

だって、必要装備と食材・水だけで22kgですもの。

これ以上に贅沢生食材や缶詰などは、持てませんって20代じゃあるまいし。

だからこそのドライフードです。

でも、もおすけは感じました。

素朴な疑問(上記の質問事項)の次に来るのが、100%食事ってことは

食べることって、やっぱり人間の生きていく本質・三大欲なんだなぁ、って。

食べないと生きていけない。

山では強く感じるこの事に、皆さん自然と興味が湧くのでしょう。

山でも下界でも、とことん聞かれるこの質問に本日はじっくりと解説していきます!


まずは食材。

これは以前の記事にも書きましたが、朝の食事はこちらになります。

150807_26ある日の朝食レシピより 

   

ご飯は全てお赤飯です。迷いなく。

理由は二つ。

・爆死の最たる原因となるアルファ米臭さが一番少ない(これは一番の理由)。

・餅米なので、腹持ちがいい。

以上。

長期縦走の時は、添付の塩は自宅でお留守番。

以前はごま塩だったのに、今は塩だけになってしまって残念です。

朝食にはお味噌汁。

それ以外のスープも持参しますが、朝はやっぱりお味噌汁が胃に沁みます。

軽量・コンパクト化を図り、6袋は永谷園の顆粒のあさげ。

フリーズドライの豚汁が一つ。

あと今回は嵩張りますが、こちらを持って行きました。


150809_14

なめこの赤だしと悩みましたが。

もおすけは、大好きなナスのお味噌汁にしましたが、

フリーズドライ味噌汁が、5食入りで350円前後。

おいしくて軽くて、これは◎でした。

楽天で買い物するなら先にこちらを→ げん玉さん
アマノフーズ うちのお味噌汁

好きな味を2~3個持って行っても、結局は毎日それを食べたくて

他の日を我慢している自分がいるので、ならば毎日大好きな具にしよう!

と、5食入りにしましたが、全く飽きることはありませんでした。

日本人のソウルフード・お味噌汁ですからね。

ここにあおさのりをプラスしていましたが、これが大正解!

風味も良くミネラルも豊富だし、一袋全部持って行けばよかった、と後悔した程です。

150809_13

ちょっと小袋に減らして持参したけど後悔したわ。

そして、ふりかけ。

これは山には必須アイテムです。

事前に試食し、美味しかった ちりめん&カリカリ小梅と鮭を採用。

150809_15

明太子は少し塩辛かったので、今回は不採用。

実際に山に持って行くと、気温によって欲しい味がかなり変わることを実感しました。

雨続きで肌寒かった南アルプスでは、明太子や鮭が美味しく感じられ、

暑く夏らしい今回の縦走では、酸味のある梅味がすごく美味しく感じられました。

この辺りは、気温と相談しながら決めると良いと思います。

他に、もおすけお手製干し梅や塩昆布で味の変化をつけたり、

食べきれなかったご飯にはこれらを混ぜて、お昼の行動食にします。

梅干しを入れると、腐りにくくなるので山行中も安心ですし、

クエン酸が疲労回復の手助けもしてくれるので、夏山に一押しのアイテムですね。

で!

飽きてきた朝食にご褒美的存在なのが、丼もの。

アマノフーズ・どんぶりシリーズはこちら

毎日だと嵩張るので、定番の朝食に飽きた時・食欲が無い時に丼シリーズを

登場させます。

もおすけ的には、牛とじ丼と茄子の麻婆丼がお薦めです。

親子丼は、もうちょっと甘くて薄い味付けが好みなので。

これらは、朝食用に1~2個用意。

食事を準備するポイント

外装は開封して酸化すると味の劣化が激しい品は、私は開封しません。

劣化が激しい物=油分の多い食材です。

ex→ 丼シリーズ、豚汁など。

炭水化物は全てジップロックに入れますが、その際もストローや口で吸って

できるだけ空気を抜いて閉じるのがコツ。

でも静かに吸わないと、尖ったドライフードやアルファ米が喉まで入り込み

むせて一人大惨事となりますのでお気をつけを。

アニメのようなオチになっても、誰も見ていないとわびしいです。

そして一番肝心なのが。

イメージング。

途中で飽きたら地獄です。

飽きても毎日、それを食べ続けなければいけませんから。

だから山の上で、今回の気温や場所なら何が食べたくなるかを想像する。

大袈裟のようですが、先の自分をイメージして選んでいきます。

あれもこれも食べたくなるかも・・・・と持って行くと、相当の重さになってしまう。

飽きて小屋食にすれば、荷物は減らない。

何より自分の装備のセレクトに、失敗はしたくない。

4~5日なら飽きませんが、12日間は結構シビアです。

12日間も続く単調な食事だからこそ、真剣なのです。

150809_16

干す日も天気予報見て真剣に選びます(カビるから)

因みにもおすけが今回縦走で使っているのは、こちらのクッカーです。

プリムス・トレックケトル&パン

買った当時は発売されていなかったのですが、

焼き物をしない方なら、蓋がカップになるこちらがお薦め↓

個人的には、レギュラー缶(250g)が入るMサイズの方が

パッキングもしやすいし良いかなー。

(たくさん食べるから、も理由の一つだが。)

プリムス・イージークックソロセットM

結果

・今回の選択に失敗はありませんでした。

・改善点・・・あおさのりは一袋全て。 塩昆部長も一袋全て。

そして、朝食後の一杯のコーヒー。

眠気を覚まして、これからまた長い一日をスタートさせるために

自分を鼓舞するための静かな儀式でもあります。

まだ夜明け前のテントの中で飲む、一杯のコーヒー。

出発前のあの時間が、たまらなく恋しく感じるこの頃です。

<続きは夕食編です>

下記のバナーをポチッと押してね。もおすけがヨロコビます。↓

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ にほんブログ村 アウトドアブログ アウトドア用品へ にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ 

コメント

  1. bp-kaka より:

    初めまして(((o(*゚▽゚*)o)))
    ずっとblogを主人と読んでたんですが、
    コメントの仕方がわからず、やっと今日登録をすればできるのでは気付き。。。なんて遅い(^^;;

    もおすけさんのblogは、山を実際の女性で縦走されてるんで、すっごく勉強になって、大好きなんです。
    いつもいつも楽しく読ませて頂いてます。

    これからコメントできるかと思うとワクワク(*^^*)

    • moosuke より:

      bp-kakaさんへ

      ずっとブログを読んで下さっていたとは。
      嬉しい限りです、ありがとうございます。
      皆さんとのクライミングも楽しそうですね。
      これからも山や岩でお会いしそう・・・
      その時を楽しみにしております。

      これからもよろしくお願い致します。