【もおすけ日記・女ソロでテン泊大縦走2015】上高地~日本海親不知30栂海山荘~白鳥小屋&テントの中全てお見せします

そんなわけでワタクシが、こんな絶好の山日和に
何故か家に居るもおすけです。皆様こんにちにゃ。

なんでアタシ家に居るんだ?

それはブログを書くためです。

偉いぞアタシ。

とか言っちゃって、ブログはこまめに更新してても実はなんと
この先、山の予定がひとっつも入っていないではないか。

スポンサーリンク



イヤー、この先アタシ山行くのか?

もう山頂までの道のりを、面倒くさいとか思ってますもんね。
(お山の神様に叱られる的発言)

と、すっかりそっちにぐうたら病が出ているもおすけですが、
まずは更新。

気がつけばあれから二ヶ月も経っている真夏の北アルプス大縦走。

最後の山小屋・栂海山荘からの報告です。

スポンサーリンク

【もおすけ日記・女ソロでテン泊大縦走2015】上高地~日本海親不知30栂海山荘~白鳥小屋

2015年8月12日 11日目の夜

実はこの晩、何故かうっすらとしか眠れなかった。

小屋に入った時の空気に、そんなに嫌な感じはなかったのだが
どんなに寝てても起きてしまう。

疲れているのに眠れないのだ。

家のようなラップ音とか嫌な物音はないのに(自宅がそれっていうのも凄いが)
眠れない。

散々寝ては起こされを繰り返した後に思い出して、ポーチに入れていた
姉とミサちゃんがくれた、お守りの入った袋を枕元に置いた。

そしたらその直後、びっくりするほどあっさりと深く眠れた。

次からは避難小屋はこうしよう。


2015年8月13日 12日目

3時に起床。

他には結局、5人の宿泊者が居たので三人とも近くにいたが
無言で身支度をする。

朝食を食べ、シュラフをしまい、軽く掃き掃除をして外に出る。

昨夜も見えた、朝日小屋の灯りと日本海側の街の灯。
その両方を見られるこの小屋が嬉しかった。

トイレを済ませ、4:12分に出発。

驚くことに、トレランの男性が登って来られた。

前日は白鳥?親不知から?

トレランの人ってバケモノだから、距離と時間の尺度が違う、すごいよね。

真っ暗な中、へッデンを点けて歩き始める。

小屋が少し遠くなってから、鈴を出す。

1時間足らずで、33座目の黄蓮山です。

150813_

かわいい黄蓮山の板看板。

あれ?

これだけ鉄板の抜き看板じゃないの?

もしかして此処から先は、全部これかなぁ。

標高低い山だし、予算が足りなくなって抜き看板は全部は難しかったとか?

なんてイロイロ推測しながら歩きました。

でもこの看板。

文字も可愛くて、地面に刺さってる感じもよくて、もおすけは好きです。

まだ5時。

どんどん先へ歩いていきます。

島崎藤村。

違った、夜明け前。

150813_1

犬ヶ岳と栂海山荘。

写真ではわかりにくいのですが、肉眼では見えた栂海山荘。

とても満たされた思い出で過ごせた山荘なので、名残惜しい気持ちです。

でも、前を見ないと!

目指すは日本海ですから。

先へ進みます。

黄蓮山を下ると、黄蓮の水場分岐に到着。

水場は、ここから五分下る。

ワタシタチ、水イッパイアルカラダイジョウブネ。

150813_2

何故か草冠が抜けている看板。

きっと、もおすけみたいなうっかりさんが設置してから
「あ、間違えちゃった!」てな感じだろう。

代わりに華を添えてみました。

150813_3

あら先生そげな所に。

写真だけ撮って、水場へは降りず先に進む。

こうして書くと、たったの一行だけなんですけどね。

実際は地味~に蒸し暑い道を登って降りてるんです。

そのしんどさは全く伝わらないのですが。

山が低いから?

道標も低く、34座目の菊石山に到着です。

150813_4

抜き文字復活!

1200mまで下がってきました。

でもまだ先は長いです。

と書いている自分でも、この時は気づいていませんでしたけどね。

菊石山を下って、コルから下駒山への登りです。

ええ、地図通り急登でした。

150813_5

すごいな今日も。

道が濡れてないのが、せめてもの救いだね。

にしても、歩きにくい。

急だ--ー。

150813_6

もうなんでもやりますよ的気分。

最後までやってくれます栂海新道。

がっつり登らされて、着きました。

35座目の下駒山に到着です。

あら、先生てば後ろから立ってらっしゃるのね。

150813_7

ここの看板は色々見せ甲斐があるねぇ。

先生はいつだって楽々登頂です。

抜き文字も機械抜きになってました。

ここでザックをおろして小休止。

カステラをぱくぱく。

でもさすが、標高低い下駒山。

座っていると、ハチがアブが、虫が寄ってくる。

何故か特別虫に好かれる私は、とにかく虫が寄ってくるので
ゆったり座って休めない。

逃げたり追い払ったり。

全然疲れが取れないじゃんか!

全然虫が寄ってこない あっちゃんが羨ましい。

そんな会話をしながら、おやつを食べてザックを背負う。

ここから白鳥山までは、あと2:30も。

長いよ。

ぼやきながら、白鳥さんに向かって歩き始める。

150813_8

ふう。まだまだね。

この時、まだ朝の7時。

てくてく行きます。

振り返った景色。

150813_9

山の連なりが綺麗。

段々と蒸し暑い。

長い道にも飽きてきた。

ブナ林は綺麗だった。

でも飽きた。

というか、暑い。

長い。

だるい。

皆さん、これが正しい手ぬぐいの使い方です。

もうどうでもよくなっちゃってて、オンナ捨てたら人はこうなる。

エエここまでオンナ捨てたのは、今回が初めてですよ。

150813_10

もう見た目なんてどうでもいいのよ。

いつもは我慢できる、帽子さえも暑い。

それほど過酷な栂海新道。

特に猛暑と言われた今年の8月は、半端じゃないキツさです。

確かに朝日小屋から栂海山荘まで、綺麗な景色の所も沢山あった。

でも、あっちゃんヒロちゃんにも言われたのだ。

ヒ:「間違っても栂海新道サイコー!とか姉さん書かない方がいいよ。」

あ:「うん。気軽な気持ちで来ちゃって、
ヘタしたら動けなくなって遭難しかねないね。」

そうなのだ。

まずは朝日小屋から親不知まで、コースにして20時間程度、
有人小屋がないから、常に水を担いで歩かなければならない。

水場も時に枯れる所もあるようで。

そして何より体力。

真夏のカンカン照りでここを歩いたら、この標高だけに
熱中症になる可能性も大きい。

でも登山者は少ないので、いざという時他人様もアテに出来ない。
(基本しない様に)

重装備を担いで10時間以上、連日きっちり歩ける体力と判断力。

栂海新道、行ってみたぁ~い♪なんて、軽い気持ちで行ったらアナタ。

痛い目に遭いますよ(アタシが遭ってる)!

まずはソロで、重装備で登れる体力を付けてから
歩かれることをお薦めします。

特にいつも誰かと登っていらっしゃる方は、こういう長いルートで有事が起きても
自分で対処出来る力が必要かと。

自分は勿論、相手のフォローも出来なくては。

これは男女関係なく、山に必要なそして大切な事だともおすけは思っています。

閑話休題。

とにかく長い。

だるい。

でもまあ先が見えていた白鳥小屋さん。

ここまでは頑張れそう(イヤその先も頑張らないといけないのだが)。

天気は晴れたり曇ったり。

晴れてきました。

150813_11

もう記憶にすら残っていない、延々と続く登山道。

おそらく次回歩いても、かなり新鮮な気持ちで通ることが出来るだろう。

延々。

暑い中歩いて、ひょっこり登山道から見えました。

白鳥小屋さんです。

やたーーーーついたーーー。


150813_12

ザック下ろす下ろす。

ここはかなり嬉しかったです。

まず写真。

150813_13

ヒロちゃんもお疲れー。

山兄弟の写真も撮ります。

150813_14

笑顔じゃないですか。

そう、ここはまだ嬉しかったんですよ。

すっかり私の脳みそが勘違いしていた、展望台のある小屋は
白鳥小屋さん。

ザックを置いたら、いの一番に登ります。

ガシガシガシ。

最高!

150813_15

展望バンザイ!

あっちゃんヒロちゃんも。

150813_33

日本海見えたー!!

展望台の上に入ると、地形がよくわかります。

これから進む稜線も、ゴールの親不知も。

糸魚川も、蓮華温泉も。

眺めていて、心地良い。

150813_16

来たねぇ、ここまで。

ご機嫌です。

あ、そういえば皆さん気づいてらっしゃいますか?

日本海とアロハはやっぱり似合わないので、脱ぎました。

150813_17

先生の話ですよ。

でも海も山も似合うでしょ?

150813_18

大自然と先生はお似合いですもんね。

一人勝手にはしゃいでいる私を、もう山兄弟は放っておいてくれます。

呆れてるだけか?

そろそろ降りよっか。

それにしてもココ、ご褒美スポットです。

150813_19

ここはまた来たいなぁ。

ここからさくっと、下山出来たらいいんだけど。

でも、そうなったら栂海新道じゃあありません。

こっからがものすごかったんですから。

150813_20

窓も多く、可愛い白鳥小屋さん。

ここの管理人になりたいなぁ(何故ならモノが雑然と置いてあった。片付けたい)。

今度はここに泊まりたいです。

遠いけど。

めっちゃ遠いけど。

そうです、まだまだ先は長いのです。

行きますよ、皆さん。

150813_20m

ハイ、先生!

そしてここからが物凄かったんです。

<続く>

テントの中を全てお見せします

長いテント泊縦走。

テント泊をしていると狭いテント内でモノが行方不明に・・・
なんて事は皆さんありませんか?

ないない探して、マットの下にあったり、ザックの下敷きになっていたり。

特に朝は探す時間さえも貴重ですし、諦めて次へ出発できない
縦走に必要な物もあります。

なのでもおすけは、テント内での場所決めをするようになりました。

テント設置したら、必ずこの位置に出しながら置いていきます。

・ザックは出入りのじゃまにならぬよう一番奥に。

・大きいビニール袋(カシャカシャ鳴らない分厚めのもの)を縦半分に折って敷く

・その上に各アイテムを順に並べていく。

150813_34

いつものセッティング風景。

これは別山行時に撮影したものですので、大縦走とはまずガス缶が違います。

本も単行本一冊です(ええ何故か単行本)。

ダウンジャケットは真夏の縦走では殆ど着ないので、ビニール袋に入れザックの中に

いつもは仕舞っています。

つまりはこうです。

150813_34m

※【ここで重要ポイント】

スーパーのビニール袋は非常に便利ですが、とにかくカシャカシャうるさく
小屋でもテント場でも、たとえソロテントであっても周囲の方に迷惑がかかります

同じビニール袋でもソフトな形状のものや、スポーツ用品店などの
柔らかいビニール袋は音がしません。
互いに周りの方への配慮として、スーパー袋の使用は控えましょう。

私はスーパーのビニール袋を使う際は、昼間のうちに動かして
夕暮れまでにザックに入れてしまうもの、にだけ使っています。

日没後・夜明け前に音をさせることの無いように。

山でのマナーだと思います。

そして夜になると、結露し始めるのでカバー。

150813_35

袋の残り縦半分を、覆い掛ける

こうするだけで、テント内での結露も相当防げます。

ガス缶をテント側に置かないのも、僅かながらでも冷えを防ぐため。

こうした些細な事で、朝、ガスの燃焼効率の良さも変わります。

特に真夏以外では、その差が大きく出ますので習慣づけています。

【この時点でザックに入っているもの】

・予備のちびガス缶

・使わない場合はダウンジャケット

・着替えの下着

・残りのアルファ米(ジップロック大)

そう、殆どザックの中には入っていません。

レインウェア・着替えのシャツ類は袋から出して、手ぬぐいで丸めてにします。

(写真ではブランケットをその上に巻いてます)

ザックカバーは結露がひどそうな時は、テント内でもザックに付けておきます。

プラティの水は、逆に結露で濡れやすいので一番端に。

大きなジップロックの米袋は、翌日のアルファ米を仕込み終えた時点で
更にビニール袋に入れ(雨水で勝手にご飯ができたら困る)、ザックの中へ。

おかず・味噌汁類のジップロックは、左端(ダウンの位置)に置いています。

こうすることで、朝に荷物を全部出してからまたパッキングすることなく
朝食を終えた時点で順にしまっていけます。

テントが一番上になりますが、次のテント場で一番にテントを出すので問題なし。

翌朝、大きなビニール袋の底面は結露していますが、
ビニール袋なので、そのまま内折りにして畳んでしまう。

このビニール大袋は、雨山行時にザックの中で広げて全てをこの中に入れる為に
必ず携帯しています(去年の南アルプスで学んだおさる)。

全体から見るとこんな感じ。

150813_36

・・・あら、綺麗じゃない。

実際には、ここに大きなジップロックのゴミ袋が置かれ、

上には乾かしたい手袋・アームカバー・洗濯物の靴下・帽子などが

ぶら下がります(これで見た目が一気に下る)。

昔、よく行方不明していたテントの袋やマットの結束バンド、ホイッスルは、

広げた時点でテントの内ポケットに。

全て習慣づけ。

さる、学ぶ。

そして長期縦走でとにかく厄介なのが、濡れて臭うこと。

小物の湿気も、ザックの中で蒸れの原因となりますから。

打倒湿気です!

なので、これらのスタッフサックが手放せません。

化粧品、ナノタオル、本、お守り、薬類など小物入れはこちらのタイプに

グラナイトギア・エアジップサック

一番濡れるテントは、付属の袋からこれに変えただけで他への影響が減りました。

もおすけのソロテントでは、7Lサイズがピッタリ。

お安めな巾着タイプ。

グラナイトギア・エアジップサック

絶対濡らしたくない着替えやダウンジャケットなどは、必ずこちらに。

ロールアップは最低でも3回巻いてから締めると
浸水しにくいです(ワニおもそう言っている←偉そう)。

グラナイトギア シルドライサック

こちらの大きな50~65Lサイズをザックに入れて、
全てをここに入れている方も、いらっしゃる様ですね。

グラナイトギア シルパックライナー

もおすけ的には、これは沢登りには非常に有効だと思います!

でも通常山行ですと、ザックの下部分やサイドからアクセス(出し入れ)できるのに
これに入れてしまうと、上からしか取り出せません。

これは非常に面倒・・・

山を始めた頃、よく通っていた好日山荘のスタッフさんにそう教わって
なるほど膝ポン!だったので、小分けにしてそれぞれスタッフサック。

大雨の日には、ザック内側に大ビニール袋で対応し、縦走しています。

【購入ポイント】

・用途や大きさ違いで購入する際は、色を変えることをお薦めします。

全てお気に入りの色で統一して買ってしまうと、暗がりのザックの中で探す時、
どれがどれか、わからなくなってしまいますので(勿論もおすけ経験済み)。

ザック内の湿気が少ないだけでも、ザックの加水分解もしにくくなるというもの。
(当然、経年劣化はしてきますが)

ザックのスタッキングは自分にも道具にも、そして周囲の方へも
愛情を持ってしたいものだと思います。

もすけでした。