32【女ソロでテン泊大縦走2015完結編】上高地~日本海・白鳥小屋~親不知まで番外編&断捨離しました!

そんな訳でワタクシが、プチおさぼりをしていたもおすけです。

皆様おぱようございます。

スポンサーリンク



前回のblogを更新したら、リョウさんに

リ:「お山でグーパンチする女がいるって噂が流れたら、

それはもおすけさんかも知れませんね。」

と言われ。

なるほど膝ポン!

おお、そうか。

そんなのが噂になったら、そりゃ間違いなく私だわなぁ。

と、自分でも思いましたわ。

なので皆様。

お山で悪いことはできませんよ。

もおすけにグーパンチされますから。

で、そんな大変だった北アルプス大縦走。

本日は番外編でございます。


2015年8月13日

やっとの思いで、汗だくで辿り着いたゴール・親不知登山口。

150813_47

みんなお疲れ。

直ぐ目の前にある親不知観光ホテルに当初泊まるのが目標だったが

直前に電話しすると、予約で既に一杯だった。

静かな日本海側。

直前でも取れると思っていたのが、甘かったわー。

でも入浴はさせてもらえる、とさぶちゃんに聞いていたので

海はあとでいい。

三人はとにかくお風呂!とお風呂に直行する。

嗚呼。

うれしい風景。


150813_48

ザ・日本海。

だって皆さん、11日ぶりのお風呂ですよ?

なんて幸せな風景でしょう。

女子風呂は私だけ、とにかくまずは髪を洗う。

ゴシゴシゴシゴシ。

温かいお湯の、なんと気持ちいいこと。

更にリンス。

いつもはリンスを控えているもおすけだけど、今日は別。

リンスをしてお湯で流す。

ほわーーーーっ。

幸せーーーーー。

山に登っている時間より、この時間の方が幸せかも。

無意識で、そう思ってしまった。

じゃあ一体何のためにずっと登っていたんだ?

お湯を掛けながら、思わず自分に突っ込みを入れてしまいました。

その位、連日砂でパサついて軋んだ髪は憂鬱でした。

湯船でぷかぷか。

嗚呼、つるぴかもおすけ最高だー。

久しぶりのお風呂にゆっくりと浸かり、やっと上がって服を着る。

こちらもご機嫌のあっちゃんヒロちゃん。

既に片手にビアを持っていました。

で、予約していた民宿へ電話。

今回予約したのは民宿・小山さん。

実はここ、今時珍しい全く情報のない宿だったのだ。

ネット検索で出てくる宿は、お盆という事もあってどこも全て満室。

仕方なしに糸魚川の民宿協会のページを調べて電話をかけていったのだが。

この小山さん。

HPは当然なく、どこを探しても誰の旅レポやブログにも載っていない。

きっと昔ながらの民宿なのだろうな。

でも、ビジネスライクなホテルや旅館よりも、この疲れた山行の後は

美味しい海の幸が食べられて、家庭的な民宿の方が希望だったのだ。

今時どんなところか全く情報のない不安と、でも背に腹は替えられない思い。

でも、それもいいかも。

と思いながら電話を掛けると、電話口に出てくださったのは

とても品のいい優しい口調の女主人。

そしてなんと、部屋も空いているという。

早速予約をして、着替えを送らせてもらう承諾と送迎を頼むと

快く承知して下さいました。

その迎えの車を待つヒロちゃん。

さっぱりさんです。

150813_49

いやもう全てが気持ちいい!

もおすけは、飲みたかった缶コーヒーを。

150813_50
そうねー、アタシなんかお肌がスベスベよ。

しばらくすると、お宿のお父さんが迎えに来てくださって。

この海沿いの国道が出来るまでの話や、この街がデンカで栄えたこと、

栂海新道は地元有志の山岳会で開かれ、やはり会の方をご存知のようで

山の話や街の話など、色々聞かせて下さいました。

そして工場萌えする方にはお薦めの、広いデンカの工場も寄り道してくれ、

ちょっと地元観光も出来た気分。

お宿に荷物だけ置いて、再び車を出して下さって

希望であったコンビニにも寄って頂き、もおすけは麦茶とプリン・牛乳を。

あっちゃんヒロちゃんは、ビールやらコロッケやら?ご馳走前なのに~、と

もおすけに突っ込まれながらも、嬉しそうに買い食いしていました。

で。

宿に到着!

御覧ください!

下界では甲子園なんてやってるんですよ!?

150813_51

ザ・夏な風景。

もともと家にはTVがないですから。

部屋にTVから甲子園の音が流れているだけで、懐かしく嬉しいわけですよ。

それにこの部屋。

なんだか おばあちゃんちに来たみたい。

すべてが懐かしい造り。

ヒロちゃんも羽根を伸ばしております。

150813_54

めっちゃ嬉しそうなみつばち(パンツ)。

もおすけはこちらに着替えを送らせて頂いていたのと、

お母さんが「お風呂も入っていますのですぐに入れますよ。」と

言って下さたので、再びお風呂に。

二人は開放感浸りまくり。


150813_52

やー、最高!

先生も羽根を伸ばしているのね。

150813_53

やー、最高。

懐かしいお家だけれど、そこかしこが清潔で

宿のお母さんの綺麗好きさが伝わってきます。

それがもおすけにはまた嬉しい。

二回目のお風呂はゆったりのんびり入って。

お風呂から上がったら、皆さん、アレですよ。

あれ。

よッ!待ってました!!のご褒美タイム。

ご馳走宴会・縦走完結パーチーです。

お膳にテーブルクロスに、海苔巻きにお稲荷さんがまた懐かしい風景な感じ。

イカにお肉に枝豆にお漬物!

ご飯とまたお味噌汁の美味しいこと!!

そして別注でお願いしていた、お刺し身盛り合わせ。

凄い!の一言でした。

150813_55

キャー、美味しそう!

もう三人、笑顔がこぼれ落ちてます。

やっと。

やっと!!

念願の「小皿のお醤油にお刺身ちょん!」の時がやって参りました。

麦茶とビールで乾杯して。

いっただきまーーーす!

150813_56

ご馳走に紛れて探しづらい先生。

くうーーーーーーッ。

んまいッ!

そうそう、これこれ。

このために私、上高地からここまで来たのよーーー。

ゴールはアレだね、親不知登山口じゃなくて、ここだね。

刺し身だね。

地元の魚屋さんに頼んで下さったお刺身盛り合わせ。

まぐろにイカにアワビにカニにヒラメに貝にもうもうもう。

新鮮で最高に美味しゅうございました。

ほんと、全部美味しかったなー。

流石に三人とも全部は食べきれなかったので、残りは翌朝出して頂くように

お願いして。

お腹がはちきれそうになるまで食べました。

飲みました(もおすけは麦茶を本当に沢山)。

そして、部屋に戻ってからもまったりタイム。

二人はビアを片手に。

ん?

ヒロちゃん、先生とサシで飲んでるの?

150813_57

ん?何だ先生?

150813_58

枝豆食うか?

撮った写真を見たり、TV見たり。

そうそう。

親不知観光ホテルのお風呂から上がった時、

日に焼けちゃったかしら?と鏡を覗いてもおすけは驚いた。

日焼けではなく。

なんと、白髪が出来ているではないか!!

くーーーーーッ。

そのことを二人に告げると、あっちゃんヒロちゃんは大爆笑しながら

口を揃えてこう言った。

あ&ヒ:「それって大縦走の辛さじゃなくて、完璧セクハラ男のストレスでしょ。」

も:「やっぱり?そう思う??アタシも縦走で白髪は出来ないと思うもん!」

そうなのだ。

今回、一番緊張した二日目大荷物でのキレットは緊張したけど

大キレットは三回目だし、後は緊張するところはなかった。

白髪が出来るほど、ストレスを感じたといえば、アレしかない。

くーーーっ!!

と再び悔しがると、二人は「よっぽどストレスだったんだねぇ。」と

更に爆笑していました。

あっちゃんは、気がつけばスマホを手に握ったまま、眠っていて。

私はといえば、自分ケアをしてあげようと着替えとタオルと一緒に送っていた

クリームなどを、手足に塗りたいのにもう起きられない。

さらさらのタオルケットが最高で。

布団から起き上がれないのだ。

も:「あのねぇ、綺麗になろうという心掛けはあるのよ。」

と、布団から足を出して、寝そべったまま膝下にクリームを塗る私を見て

一人まだビールを飲んでいるヒロちゃんが笑っている。

さらさらのお布団。

サラサラの髪。

いい香りの自分(汗臭くない)。

美味しかったお刺身。

縦走を完結した、ということより、こういった事の方が嬉しいのは

それだけ過酷だったからだろう。

今回は極暑だった事もあって、今までの比じゃなかった。

これが9月だったら、それだけで随分違うだろうな。

とにかく頑張った縦走以上に、いま眼の前にある当たり前の下界の日常を

たまらなく幸福に感じながら、眠りに就いた。

ずっとお天気でいてくれて、ありがとう。

あっちゃんヒロちゃん、ありがとう。


2015年8月14日 13日目

もう習慣になっているので、朝は早く目が覚める。

せっかくなので、この静かな街を散歩したかった。

そして、海に足を付けたかった。

私の物音であっちゃんが起きる。

散歩に誘う。

ヒロちゃんは?

爆睡してる。

ヒロちゃん、お散歩に行こーよーー。

150814_

ヒロたん起きてーともんきち先生。

無理矢理ヒロちゃんを起こして散歩に行こうとしたら。

雨が降ってきた。

残念ながら散歩は中止。

二度寝。

美味しい朝食を頂き、駅まで送って頂く。

玄関先で支度すると、お母さん、

お:「ちょっとその荷物、持たせてもらっていいかしら?」

も:「ハイ、もう軽くなっていますけど、腰を気をつけて下さいね。」

ザックを手にして持ち上げようとして、重さにびっくりするお母さん。

「こんな重いもの背負って上高地から歩いてきたの?」と、山をしない人なら

当たり前に驚くこのセリフを吐きながら、貴方が?ホントに?と言う顔で見られる。

水と食料がない分、8キロは軽いんですけどね。

山をしている人なら普通のことが、やらない人には普通じゃないんだなぁ。

そんなことを感じながら、気のいいお母さんに見送って頂き駅に向かう。

民宿・小山さん。

また絶対泊まりたいなぁ。

お刺身付きで。


駅でおみやげを買い、電車に乗る。

空いててよかった。

ね、ヒロちゃん。

って、あれ?

150814_1

ん?また君か??

乗り換えて大糸線に。

山姉弟は、長野にいるお父さんの所へ行くので、白馬で下車。

電車が動き出すまで、二人はずっと待っていてくれた。

電車が動き出す。

手を降って挨拶すると、指差して笑ってるあっちゃん。



150814_2

あっちゃんヒロちゃん、ほんとにありがとねーーー!

松本でバス待ちの時間に、アレを食べ。

150814_4

この後も暫くカレーづいてました。

帰宅してポストを開けたら、シマちゃんから嬉しい便り。

150814_3

なんて嬉しい気遣い。

最後まで楽しい12日間の大縦走でした。

<完>


そして昨日。

お休みだったもおすけは、また要らなくなった山道具や服などを

リサイクルショップに送りました。

こちらでしたら出張も無料でしてくれるし、

満足価格!ブランド品の買取【スピード買取.jp】

最近ではお店まで持って行かなくても、ネットで申し込めば

配送キットを送ってくれて、届いた箱に入れてポン!と送るだけで

リサイクルできちゃうので簡単です。

自分で縫った浴衣と着物バッグは、こちらで買取ってもらいました。

宅配着物買取

本だけでなくDVDからゲームまでまとめるとそれなりの額になります。

もおすけは本・CD・DVDを売りました。

自宅からラクラク宅配買取【買取専隊エース】

こうして売ったお金で、ご褒美ランチを。

ウフフフフ。

まさに循環、リサイクル。

現在、衣装ケース一つ分が減って、押し入れはかなりスッキリ。

もおすけは、山道具と最小限の洋服があればそれで満足。

食器も雑貨も、今以上は一つもいらない。

シンプルライフで山さえ行ければ。

幸せなのです。

ささ、次は秋の山行報告。

お楽しみに!

こっちもお楽しみ!↓

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ にほんブログ村 アウトドアブログ アウトドア用品へ にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ 

ブログ村

こちらも忘れずポチッとね ↓
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ にほんブログ村 アウトドアブログ アウトドア用品へ
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
新着記事
新着記事