2015年初冬の燕岳テント泊・2

新年明けて、初出勤。

お店に着いて、ロッカー開けたら

160101_1

「もおすけさ~ん♪」

飛び出す絵本ならぬ、飛び出すみゆきんぐ。

ハートとか描かれてるし。

年末は実家に帰省していたそうで、なんでもお父様も

このブログを読んで下さっているとか。

ありがとうございます。

白馬山荘時代のモモちゃんの時を思い出すわー。

みゆきんぐのお父さーーん、彼女は毎日ニコニコ(正確には若干ニヤニヤ)しながら

お仕事がんばっていますよー!

お客さんにもスタッフにも可愛がられいていますよーーー!!

しかも、みゆきんぐのお父さん。

このブログを見て下さってて、こちらの保温ボトルをご購入したとの事。

サーモス山専ボトル

お父様のお役に立てて嬉しいです!

是非ともお嬢様(つまりみゆきんぐ)も一緒に、お山に登りに行きたいです。

どうぞ北アルプスにお越し下さいませ。

なんと聞けば、彼女が山を始めてからご両親も山に興味を持ち始め、

今では地元で、ご夫婦で登っていらっしゃるとか。

両親が山をやっていて、その影響で子供も山に・・・というパターンは

非常に多いのですが(半ば強制的by:あっちゃんヒロちゃん)

逆のパターンもあるんですね。

すごいなぁ。

それだけ山って魅力ある場所ですもんね。

惹きつけられるというか。

なのでそんな素敵な山の報告、溜まりつつあるので頑張って更新していきますよ。

2015年初冬の燕岳テント泊・2でございます。


2015年11月5日 快晴

そう。

燕山荘の外テーブルで、優雅にコーヒータイムを決め込もうと思ったもおすけ。

空いているテーブルを探す。

ここなら誰も居ないし・・・とザックが置いてあった向かいの席に座ろうと

荷物を置くと。

いきなり赤いザックが動き出して大びっくり!!

も:「キャア!!」

とびっくりもおすけ。

そしたら、それは赤いザックでなくて

全身真っ赤のお兄さん(たぶん小屋番さん)でした。

も:「うわっ、すみません。赤いザックがいきなり動いたと思ったから・・・」

と詫びを入れると、隣のテーブルにいらっしゃったカップルさんが

それを聞いて、吹き出して笑ってました。

いやーーー、だってびっくりしたんだもん。

ほんとに。

そんなお兄さんは、動じず昼寝を続ける。

ね?

赤いザックに見えるでしょ?

151105_5

動き出した時はびっくりしたなぁもう。

燕岳まで行こうかなーとも思ったのですが、私にとっては燕山荘さんがゴールなので

ここではピークハントに全く拘っていません。

なので、本日はこれにて終了。

151105_6

明日も晴れそうだから行けたら明日。

夕暮れ色にうっすら染まる燕岳とテント場。

151105_7

ザ・初冬って感じ。

終日無風で絶好の山日和。

いつもの出勤時間とさほど変わらない時間に出て楽しめる燕岳。

このお手軽さは、やっぱり年一回は通いたくなります。

今夜の山ご飯は、山で人気のこれ。

151105_8

塩ラーメンには落とし卵よね。

ご飯を食べてからキャンドルを灯し、シュラフに潜って読書を楽しむ。

山で本が読めるのは、ソロならではの贅沢です。

テントの中からは、松本平の街の灯り。

151105_9

贅沢な夜景。

寒さを感じること無く、ぐっすりと眠ることが出来ました。

<続く>

今年は一応ね。

一ヶ月に15日は更新目標なのよ(山に行く日もあるからね)。

そして年間90日くらい?

山の中で過ごしてみようかしら~と、適当な目標もあったりするもおすけに

応援ポチコをお願いします!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ブログ村

こちらも忘れずポチッとね ↓

新着記事
新着記事