2016年1月みゆきんぐと五竜へスキー

そんなわけでワタクシが、すっかりやさぐれて引きこもりのもおすけです。

皆様こんばんにゃ。

松本は雨―雪―雨の天気でしたから、出かける気にもなりません。

なので、一日PCとにらめっこ。

過去ブログの記事の引っ越しの為、グーグルのWebマスターツールに

おさるのもおすけ日記vol.1を登録しようとしたのに、

何度、再起動とかかけても承認されない。

HTMLもアップロードして、グーグルのサイトマップ検索もOnにしたのに。

何時間もかけたのに、結局出来ず仕舞い。

悔しいったらありゃしないわ。

昨日からヤなこと尽くめよ。

毒出しね、わかっちゃいるけど腹が立つわ。

なので、楽しかった信州の冬の報告を。

みゆきんぐと行く、五竜のスキーでございます。


2016年1月22日

みゆきんぐとスキーに行く。

実はみゆきんぐ、ボードは何度か滑っているが、スキーは初めてだという。

なのに何故かテレマーク(かかとが上がるスキー)。

まずは基本のカービングスキーから慣れて、それからテレマークにしたら?と

言うのに、テレマークのDVDを見た彼女は、すっかり洗脳されて

み:「大丈夫です、滑れない気がしない!」

と豪語。

んなアホな。

そんなに簡単にできるなら、もっと普及してるわ。

そんなわけで、私はカービングスキーで

みゆきんぐはテレマーク。

まあ、同じペースで滑れるとは思っていないから、

何度か目のリフトで一緒できればいいわ。

いくわよ、きんぐ。

160122_4

任してくださ~い♪

と、どこから来るのか教えてほしい自信満々な彼女だが。

まーーーーーーーーー。

遅いこと。

ゲレンデで一番動いていない人を探せばみゆキングが見つかる状態。

そんなペースです。

私が5本目のリフトで、ようやく1本滑り降りる。

それでも彼女、楽しいようです。

何十本目かのリフトから。

160122_5

あまたコケてる。

リフトの私に気付いたきんぐ。

コケてても楽しそう。

160122_6

もおすけさ~ん♪

ええから、はよ滑り込みなさい。

ね?難しいんだから、まずはカービングから覚えた方がいいよ、

と言っても、何故か頑なに

み:「いいえ、私は意地でもテレマークをマスターします!」

と明るい表情で答える。

も:「でも登山と一緒でさ、いきなりジャンダルム行くよりも緩やかな登山道から始めて

  順に鎖場とかステップアップした方が、結果的に早く上達するのと同じだよ。」

と言ってみたものの、彼女のハートには届かない。

正直、私はバックカントリースキーならわかるが、

テレマークをしたいとは思わない。

でも、そこはこだわるようです、何故か。

なら頑張れよ。

160122_7

ハイ!任せといてください!

み:「ほらほら、ターンが出来るようになったんですよ♪」

写真に撮って撮ってとリクエストされる。

160122_8

かかとが浮いてるでしょ。

駄菓子菓子。

猛烈に遅い彼女のスピードを、写真で表せないのが悔しい。

ハエが止まるかのような低速ターンでも、本人はご機嫌。

嬉しいようです。

こうして私の5分の1の滑走で、リフト終了の時刻に。

私は最後の一本を滑ろうと、飛ばして降りたらリフトのお兄さんは

最後に私を通してくれて、ゲートを閉めていました。

と、同時にゲレンデパトロールのお兄さんたちが。

横一列になって、滑り残っている人がいないか、チェックしながら滑走します。

私よりずっと前からゲレンデの中盤に居た彼女。

あっという間にパトロールのお兄さん達に追い付かれました。

(私には、とうに抜かれている)。

も:「早くしないと、もうみゆきんぐ一人だよ。」

み:「え?まだ沢山いるじゃないですか。」

も:「何言ってんのよ。皆パトロールの方達だよ、君が降りないから終われないのよ!」

コース一杯に広がっていたパトロールのお兄さん達が。

次第にみゆきんぐを取り囲むように三方から集まってきます。

ズン。

ズンズンズン。

右から二人目が、みゆきんぐ。

160122_9

はよせんかい。

み:「待って、最後くらいターンを…」

も:「いいから、はよ!迷惑やでお兄さん達。」

優しいゲレンデのお兄さんたちは、いいですよーゆっくりで、言って下さるが。

集まるお兄さん達。

160122_10

待ってー。

あれ、もおすけさんは?

160122_11

もうあんな所まで。

160122_12

ほら、見てみてー♪

も:「いいから、はよ降りて来なさーいッ!

ノー天気みゆきんぐに向かって叫ぶ。

この時、パトロールのお兄さんは、初めて

「え?テレマークなの??」

とびっくり声で言ったらしい。

そりゃそうだ。

さぞかし驚いた事でしょう。

分不相応でごめんなさい。

その後もこの写真の如く、止まっているかのような華麗な滑り?で

ようやく到着。

160122_13

ほらほら見てみて~♪

・・・・・もうええっちゅうねん。

ご機嫌なスキーはこれにて終了。

でも、初めてのスキーって、滑るより転ぶ方が多いから

ものすごく体力消耗するのよね。

車に乗り込んだ私たちは、初めから決めていたクレープ屋さんでクレープを買って。

パクつきながら帰路へ。

み:「先輩が運転してるのに眠るなんて出来ません!」

とか言ってくれるが、いいわよ最初から期待していないわ。

そう言うと、助手席で彼女は安心したのか睡魔に勝てなかったのか。

大きなテディベアのぬいぐるみの様に、椅子からずり落ちながら

爆睡してましたとさ。

楽しかった今シーズンのスキー。

また一緒に行こうね、みゆきんぐ。


テレマークスキーは全くわかりませんが。

さっちゃんとかあっきーさんとか、楽しいという人も周囲にはいます。

テレマークスキー・板

ま、みゆきんぐはまずは雪に慣れてから。

それから頑張ってくださいませ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ブログ村

こちらも忘れずポチッとね ↓

新着記事
新着記事
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ にほんブログ村 アウトドアブログ アウトドア用品へ

『2016年1月みゆきんぐと五竜へスキー』へのコメント

  1. 名前:yutaka 投稿日:2016/03/02(水) 07:47:58 ID:87228e121

    もおすけさんこんにちは~♪
    スキー楽しそうですねー!
    みゆきんぐさんが面白くて何回も読み返してました。
    ほんと仲良さそうでいいですね!
    それでは~また(^_^)/~~

    • 名前:moosuke 投稿日:2016/03/02(水) 13:35:32 ID:fc987c119

      こめんとありがとうございます!!

      スキーも楽しかったんですけど、みゆキングが面白い、って感じです。
      本人はかなり華麗に滑れている(飛躍的な上達を遂げた)と思っているようですが。
      親子ほどの歳の差ですが、仲良しですわー。
      後は私と同じ体力をつけて頂くばかりです(待ち時間多し)。