2016年3月雪の甲斐駒3&UVも兼ねるバラクラバ考

職場の昼休み。

もおすけは色々忙しいんですよ。

御飯食べるのはあたりませですが、ブログの写真加工したり、

たまにはこんなこともしたり。

150715_8

万力を使って銀杏を割るの巻。

そんな銀杏割りながらブログ更新するもおすけの、南アルプス・甲斐駒報告。

その3でございます。

スポンサーリンク

2016年3月雪の甲斐駒3

2016年3月15日 快晴

昨日の天気とは一転して最高にいいお天気の朝だった。

まずは朝食。
くまこさんの真似して、朝ラーメン。

160314_20

先生と同じ黄色のカレーヌードル。

残念ながら、このお天気ですが山頂までは行けません。
雪崩の可能性大ですから。
で、まずは上のテント場まで行こう、と。
もおすけ先頭で出発するも。

160314_21

あっさりと腰ラッセル。

いやもう凄かったですわ。

ピッケルで潰して足で潰して踏んで踏んで踏んで。
小屋出た途端にずっとこれですからね。

160314_22

どわーーーー。

もうねぇ。

酷いところだと、胸までラッセルでした。
これは御来光場どころか、テント場まで行くのも大仕事です。
先頭を代わる代わるでラッセル祭り。
そしたら左側の沢をドドドーーーって轟音と雪煙を上げながら。
ものすごい勢いで雪崩が起きていました。

そのスピードたるや。
あんなのに巻き込まれたら、と考えるだけで寒気がします。

で、よーーーやくテント場まで着きました。
斜面の雪を掘って。

160314_23

太ももラッセルが基本の深さ。

あ゛ーーー疲れたー。

160314_26

見晴らしよくて最高だよ。

もうあっさり登ることを放棄したもおすけは、一人寛ぐ。

すると皆も。

160314_27

サイコーーー!

くまこさんお手製のクッキーでおやつタイム。

くまこさん作品勢揃いです。

160314_25

ぬいぐるみもお菓子も。

明らかに毛並みが違う先生も入ってますが。

ワタシ的には「やっぱ先生が一番素敵だわーーー!」とご満悦。

この天気にもご満悦。

160314_24

山頂は次回ね。

しばし休んで、登り一時間強。

下り10分。
あっさりと小屋に戻れました。


荷物をまとめて小屋を後にして。
下山です。

って、昨日のトレース、まるでないじゃないのよーーーッ!

160314_28

なんじゃこりゃ状態。

こうして「甲斐駒なめんなよ」攻撃をまともにくらった私たちは、
その後も慎重に降りて、

160314_29

ほんと雪多いし。

でも天気良いから楽しくて。

3月ドカ雪の山行を満喫して帰ったのでした。

160314_30

次回目指すは黄蓮谷。

UVも兼ねるバラクラバ考

この山行で気が付いたのが、残雪期のバラクラバは2種類あるといい!ってこと。
正確には、

バラクラバと、フェイスカバー

ですが。

一つは厳冬期に使うバラクラバ。
呼気抜けが良く、バラクラバしたままで飲んだり食べたり出来る
切込みがあるタイプがお薦めです。

もおすけが使っているのは、これの旧モデル。

ハイブリッドグリッドストレッチバラクラバ

これは稜線に出た時、風が強かったり悪天に変わった時に絶対必要なので
残雪期には必ず装備します。

で、バラクラバでは暑いようなよいお天気の時。
サングラスなどが曇るけど、雪焼けの恐ろしさ、
UVの強さは侮れません。

そういう時に使うのが、夏に活躍しているフェイスマスク。

160314_26

呼んだ?

もおすけはマムートの物を使っています。

こちらも通気性が良く、かなり薄手ですので残雪期の紫外線よけにはもってこい。
これまで気密性の高かったノースフィスもようやく薄手になりました。
メンズっぽい柄と、可愛い花柄とデザインの良さなどは、さすがノースさん。

ザ・ノースフェイス・ジプシーカバーイット

生地の薄さ・通気性など使用感はほぼ一緒です。
お好みの柄を一つ持っておくと、フェイスカバーとしては勿論、

バンダナとして、ネックウォーマーとして(肌寒い時はこれ一枚あるだけで違う)

顔を洗う時の前髪ひっつめ用として(説明できる単語が浮かばん)

シュシュとして、格好便利に使えます。
(たまに手を拭いたりも・・・・)

残雪期の登山には両方持って行って、状況に合わせて使い分ける。
お薦めアイテムです。


ついでにこちらも終わりました。

150715_9

むき終わり。

もおすけでした。

にほんブログ村 アウトドアブログ アウトドア用品へ にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加