2016年4月ソロで爺ヶ岳南尾根へ日帰り登山&夏に向け準備!日焼け対策

最近アタシは忙しいです。

私を見かけると嬉しそうに尻尾振ってくるニヤニヤ星人1号(みゆきんぐ)と、

黙々と仕事しながら、でも山の話になると止まらないニヤニヤ星人2号(翔坊)。

2人のお子ちゃまに仕事教えつつ、検品したりの毎日で。

商品もドカッと入荷して、嗚呼多忙。

皆様こんばんにゃ、おさるのもおすけです。

加えて宣言通り、4月は休みなく外に出て山三昧。

14日、19日と続き、3日後のこの日は。

今度は一人で爺ヶ岳南尾根です。


2016年4月22日 雨のち晴れ

朝は小雨が降っていたけど、天気図見れば回復するはず!と

無駄な有料道路を通って、扇沢へ向かう。

やっぱり道に迷う。

国道って嫌いよ。

登山道は何故か迷わないんだけどなー。

とか思いながら走っていると。

今日の幸運を示唆するかのような虹。

160422_1

オーバー・ザ・レインボウじゃないの。

車を駐めて、いざ出発。

山岳会の人に聞いていたので、道は大丈夫。

夏道を歩き、暫くすると冬道へ。

この分岐には看板が出ています。

んで、この冬道がまあまあ凄い。

あれ?ここどっちだ?って言う様な、トレースがないところもしばしば。

そういう時は。

目の前をただ突っ切るべし!

フガーーーーーッ、と笹や藪を突き進んでいきます。

そうよ藪漕ぎ。

結構楽しかったです。

尾根沿いを外さなければ大丈夫。

僅かな赤テープも見落とさないように。

ソロでのこういう時、五感が研ぎ澄まされていくのが

自分でもわかります。

やがて視界が開けてきて。

稜線が見えてくると、テンションも上がる。

160422_2

ニャっほう。

ジャンクションピークの少し上で、若いご夫婦に追いつく。

160422_

道を譲って頂き、登山口から4時間弱で山頂です。

この道、夏道よりダイレクトに南峰に上がれるからいい!

好きだわーーー。

残雪期のトレーニング山にぴったりです。

遅れて到着されたご夫婦と、写真撮影を互いにお願いして。

もおすけ、登頂しました!

160422_4

中央峰&北峰をバックに

こちらは種池山荘方面。

夏道はこちらですね。

160422_5

結構雪が少なかった。


ズズズいっとアップ。

小屋が見えました。

160422_6

皆様ハロー。

こちらの北峰・冷池側も冷池山荘が見えましたよ。

160422_7

今年も遊びに行きたいなー。

白いこまくさが感動的だった蓮華岳。

あれは縦走の疲れも吹っ飛びました。

160422_8

今年は満開の時に行く予定。

少し風邪は強かったけど、30分ほど休憩して。

さあ、下山しましょうか。

サクサク降りて、あっという間にジャンクションピーク。

ここ、ほんといいなぁ。

また来たいなぁ。

160422_9

来し方を振り返る。

このジャンクションピークは看板があります。

よほど視界が悪くなければ、間違い尾根に降りることはないかと思いますが

最強の視界の悪さだったりブリザードだと、本来なら見えるはずの看板も

見落とすことが多いから、やっぱり慢心は禁物よね。

と、真面目なこと書きながらも、こうすると更に看板が引き立つわー。

160422_10

ウフウフ。

行きの頑張りに比べ、帰りは雪が緩んで踏抜き祭り。

まーーー、往生しましたわ。

太もも付け根までガッツリ落ちましたからね。

でも、無事に登山口まで戻ってサンダルに履き替える瞬間の幸福。

帰り道での車からは、初めてじゃない?と思える爺ヶ岳の全容が伺えました。

(今までここの道中は、大抵雲の中だった)

自分の登ってきた山を下から眺められるのって幸せ。

そして軽く感動。

160422_11

おおおおおおおまぴょんそっくりや。

ソロだったけど、とっても楽しい爺ヶ岳南尾根でした。


今年もそろそろ買いますよ。

塗りやすさ=こまめに塗る様になるので焼けにくくなった、と思います。

今年も日焼け撲滅作戦!

アマゾン→ アウトドアUV OUTDOOR UV

楽天市場→ アウトドアUV OUTDOOR UV

楽天ならこちらでポイント2倍に→ げん玉さん

もおすけでした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ブログ村

こちらも忘れずポチッとね ↓

新着記事
新着記事
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ にほんブログ村 アウトドアブログ アウトドア用品へ