2016年5月翔坊と行く残雪の大滝山2

し:「鉢伏山、行きましょうよ。」

も:「ああ、松本市民なら一度は登りたい山だよね。」

し:「だってあそこだけ、公共機関が全く無いんですよ。」

・・・・・言ったわね。

アンタ、今、明らかに言ったわね。

し:「あそこだけバスも電車もないから、ボクのために車出して下さいよ。」

って、堂々ともおすけをアシ扱いしたわね。

背後からドついたろか、と思ったもおすけです。

皆様こんばんにゃ。

最近うちのお子ちゃま1号&2号は、もおすけに対して

横柄極まりないでんですよ。

小生意気、とは正にこの事。

私も24歳の頃、こんなだったかしらーとか。

そんなことより早く更新していかないと、とかとか。

その小生意気な翔坊と行く、大滝山2。

鍋冠山からの続きです。


2016年5月12日 ガスのち快晴

鍋冠山で立ったまま小休止。

先に進みます。

翔坊は、地図とスマホの地形図と時計の高度を

しょっちゅう確認しています。

それは必然というより、「好き」と言う感じに見て取れます。

楽しそう。

地形図の等高線と高度を照らし合わせて、現在地を確認する。

ソロでの大縦走はともかく、登山道が見えている日帰りの夏山では

あまり地図を見ない私なのですが、こうしてしょっちゅう見ていると

現在地が見えてくるのが、結構楽しい。

改めて地図見なくちゃな、と思ふ。

なぁんて思っているのも束の間。

歩き出したら、再びゼーゼー。

でもこの人は、いつも余裕です。

160512_2

もおすけと一緒だとゆっくりだし。

彼が地図を見ている瞬間に、私はここぞとばかりに休憩を。

ゼーゼー。

あーーしんどいよーー。

160512_3

山頂まだかなー。

最後の雪渓を直登して。

振り返ると通ってきた鍋冠山と安曇野の街。

160512_5

翔坊も同じ時に写真撮ってました。

そしてようやく稜線に。

足元から視線を前に向けただけで、予想を遥かに超えた眺望が。

そう、最高の景色が待っていました。

160512_6

前穂・奥穂に大キレットに槍ヶ岳。

穂高岳連峰のオンパレード。

ここからまずは北峰を目指して歩きます。

稜線出たら、元気です。

単純回路のもおすけロボット。

160512_4

ヨシヨシいいぞー。

北峰・大滝山荘・南峰と歩く。

流石にお腹空いてきた。

さっきのキレット見える所でお昼にしようよー、と言ったら

し:「あっちの先まで行って、常念が見えるとこにしましょう。」

も:「え、しんどいよ。ならもうここでいいじゃんお昼にしようよ。」

し:「いや常念がよく見えるとこのがいいでしょう、もうちょっとですよ。」

も:「ヤだよもう歩きたくないよー、別に常念ここからだって見えるじゃん。」

私の意向など、まるで聞かないわがままっ子の翔坊は

自分が常念好きだから、とずんずん歩く。

これだから自分勝手なオトコって嫌いよ、とぶつくさ言っても聞いてない。

あっち目指して歩きます。

160512_7

まだお昼お預けー。

到着しました。

160512_8

ヤター。

ここでようやくお昼ご飯。

お湯を沸かしてカップラーメンを食べ、プリンは半分こ。

目の前はこの眺望。

もおすけ様の日頃の行いの方が勝って、天気も回復。

最高です。

160512_10

残雪の槍様。

コースタイムより2時間ショートした分、山頂ではゆっくりと。

日帰りでこんなにゆっくりしたのは初めてかも。

帰りたくないなぁ。

心からそう思わせる景色と天気。

コーヒー飲んで、更にまったり。

思いもかけない景色の良さに、二人共大満足。

いい山だね。


ずっとこうしていたいけれど。

帰り道も長いので、そろそろ下山しなければ。

翔坊も名残惜しいようです。

160512_9

大滝山好きだなー。

もと来た道を歩き始めて。

静岡県民だった翔坊は、これを撮り忘れてた事に気づく。

160512_11

快晴の富士やん。

も:「さすが静岡を捨てた男、あっさりと富士山を撮り忘れてたね。」

し:「イヤイヤ、静岡捨ててないです。」

とか言いながら、かなり慌ててたのを私は見逃しませんでしたよ。

さ、翔坊、帰るわよー。

160512_12

そして雪渓にはUVカスタムよー。

帰りもガンガン降りたのですが。

林道まで戻ってくると、ようやくのんびりお散歩ペース。

新緑の唐松と、甘い花の香りと、静かな夕暮れ。

密かに最後の林道からの景色がお気に入りのもおすけでした。

<完>

ささ。

そして次回のお相手は。

お楽しみに。

ブログ村

こちらも忘れずポチッとね ↓
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ にほんブログ村 アウトドアブログ アウトドア用品へ
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
新着記事
新着記事