女一人でテン泊大縦走9泊10日・10 もんきち先生が。

そんなわけでワタクシが、人生で初の点滴を受けてきたもおすけです、皆様こんばんにゃ。

いやー、びっくりしました。

何がビックリって、人生かつてない程の蕁麻疹っぷりにビックリでした。

ヨーカイ・洗濯バサミオンナとか、ツェルトで顔ナシ状態なんて可愛いもんで。

もう まぶたが腫れ上がってしまって、ひどい顔。

ワニ目てんちょに『医者に行け!』と言われましたが、ワニ目よりひどい目で(それはひどい)

待合室やドクターにだって見られたくない程、ひどいモノでした。

そんなわけで絶対に人に見られたくない私は、幸い薬があったので昨日は自宅療養。

今日になって、腫れは多少マシになったので病院に行って来たら冒頭の『点滴』です。

・・・・・。

一番の感想は。

いやー、私ってつくづく病院の空気が似合わない(ありがたい)。

あそこにいると、『アナタなんでそんなに元気そうなオーラを放っているのにここにいるの?』って

言う感じで、皆様から不思議そうに見られます。

ドクターも、過去の経過から今現在の症状等をテキパキ話すもんだから、あまり心配してくれない。

(明らかに他の患者さんより、“あなた大丈夫でしょ”的な扱い。実際、以前センセにこう言われた事もある。)

んで、初の点滴。

お蔭様で、立体地図のような赤い腫れは引きました。薬ってすごいね。

そんなこんなで二日間も休んでしまい、人と接してないのでさびしん坊。

なのでブログ更新です。

—–

2013年 8月6日 雨のち晴れ

薬師沢小屋で休憩するも、雨の強さは一向に変わらず。

ならば進んでいこうか。

一人橋を渡って歩き出す。

左に下りて川原沿いから登り始める。

ここからが、すんごい道だった。

もうね、ミラクルなんですよ。すべてが。

しんどい、と言えば笠新道・烏帽子のブナ立尾根・甲斐駒黒戸尾根が有名だけど、

何故かここは名前が挙がらない。

だけど、上記三つを登った私が言おう。

ここが一番イヤだ。

雨が降って岩が濡れていたせいもあるかもしれない。

でも、登山道は全て岩と木の根っこ。

つちの道がない。

だから一歩がすごく大きかったりするし、滑るし・・・。

笠新道でバテバテだったさんぱちさん。

その彼と、この先の雲ノ平で合流する予定だったのだ。

も:『ここの道、さんぱちさんに薦めてみよう。ミラクルって言って・・・。』

と、悪魔的発言を頭で考えながら登る、登る。

雨は本降り。

レインパンツはドロドロ。

湿気で足にくっついて、足が上げづらい。

誰も通らない急登。レインズボンはゲイターの上までまくった。

後半になって、ようやく降りてくる人とすれ違う。

『一度、この道を登りで使ったけど、二度と登りでは使いたくない。』

と言った、おじさんの気持ちがよくわかる。

ドロドロで雨雨の中、それでもコースタイムより10分ショート、9:30分にアラスカ庭園に着く。

130806_14   視界が開けてきた。雨がないのが嬉しい。

ここに来て、ようやく雨が上がった。

先に着いていた皆さんと同じく、レインウェアウェアを脱いでベンチに座る。

と、ここでもすけ、ラジオを取り出す。

実はこのラジオ。

毎日の天気予報より、実はNHK放送の朗読小説.百田尚樹作『海賊と呼ばれた男』が

聞きたかったのだ。

毎朝、通勤中に車の中で聞いていたこの朗読小説。

橋爪功さんの巧妙な語り口と、話の展開にすっかり夢中。

続きが聞きたいが為に、本の次に重く、なくてもいいアイテム・ラジオを持ってきたのだ。

雑音が大きい中、なんとか聞き取る。

いやぁ、雲ノ平で聞く 橋爪功さんのラジオ。

味わいのある時間でした。

ラジオ終了後、身支度をして再出発。

いざ、雲ノ平山荘&テント場へ。

—–
実は雲ノ平、来たかった理由が二つある。

一つは、三俣山荘でバイトする前、縦走コースに入れていた。

でも、水晶小屋からの大雨&強風、加えて雪渓がまだ大きく夏道が全く見えず、人もいない。

こんなすごい天気&道がわからない雪の上を一人進むことは不可能だった。

バイトの休暇や終了後、雲ノ平を訪れる予定にしていたが、捻挫で断念。無念の下山。

そして二つ目の理由は。

その捻挫でヘリ下山となった時、ヘリの中から雲ノ平を見た。

空の上から見たそれは、本当に雲上の楽園という名にふさわしい

こんな高い所にこんな広大な庭園があるなんて、と思わずにはいられないスケールの光景だった。

絶対ここを訪れたい。

ヘリの中で強くそう思った私。

だから今回は、一番の目的をここにしていたのだった。

—–
段々と晴れてきた。

 130806_17これだけで、テンションが上がる。

アラスカ庭園に続いては、奥日本庭園。

130806_20  青空だーーー、雲ノ平に来て晴れるなんてサイコーーー♪

因みにこの頃、あっちゃん&ひろちゃんは念願の黒部五郎岳でこんな感じ。

控えめあっちゃんと130806_15

やっぱり黒部はカッコイイ!

ガッツポーズのひろちゃん。130806_16

ヨッシャー!

それぞれ待ちに待った、待望のこのお天気だもの。

嬉しさもひとしおよね~。
そう、私もテンション上がっていた。

ルシルシで木道を歩く。

130806_18いやもう雲ノ平でこの天気。サイコーー!

足取りだって軽やかだ。
だってこれまで、ずっと雨続きだったんだもの。

目の前に続く長い木道。雨上がりに日が差し込み、光っている。

先生、最高だね。

130806_21うん、ほんとにね。
ここで写真を撮りながら歩いていたご夫婦に、写真を撮って頂く。

130806_22カメラ無意識。

笑顔の二枚目。095

ポケットにもんきち先生よ。

そう、ここでもんきち先生をポケットに入れたのだった。

小屋まで徒歩20分程度。

安全な道だから、ともんきち先生を上半身出したままにしてファスナーをしっかり閉めたのでした。

ふと見下ろすと、もんきち先生。

嬉しそうね。

130806_23うん、晴れて最高の景色だね。

青空が見えて本当に嬉しい。

130806_24

嬉しさのあまり足元を見ずに上を見ていた為、小屋へ行くはずが

間違えて祖母岳分岐を登っていた。

途中振り返って見下ろすと。

あれ、あんな所に小屋が。

130806_25雲ノ平山荘。

しまった!間違えた!!と、慌てて分岐点まで小走りで戻る。

そう、あそこの写真を撮った場所から祖母岳分岐~祖母岳の途中~雲ノ平山荘までの間で

もんきち先生を落としてしまったのです。

そして分岐に戻って、歩き直して小屋へ向かう。

この時、軽装のアタックザックのお兄さんとすれ違う。

狭い木道、行き違いで待ってくれてるお兄さん。

すれ違いざまに一言、

『・・・カッコイイですね。』

山を歩いていてカッコイイと言われたのは、この時が初めてだった。

も:『いえ、もうバテバテです。』

と笑いながら答えましたが。

今も思う。

このお兄さんが、もんきち先生を拾ってくれたのではないか。

だって、この後、うしろから来た人も先生を見ていないと言うし、

このお兄さんの後、降りていく人もいなかった(その前に探しに行ったし。)

もんきち先生、そちらに遊びに行っていませんか~?

アタックザックのお兄さん、このブログ見たら連絡ください。

話を戻して。

ゴキゲンで小屋についてザックを下ろした瞬間に、もんきち先生がいないことに気付く。

咄嗟にダッシュ、そして今来た道を戻る。

木道の下を覗き込み、小屋に向かって登ってくる人に尋ね、行き間違えた祖母岳まで歩き。

でも、先生はいなかった。

さっきまでの楽しかった気分は一転、撃沈して小屋まで戻る。

先生がいないーーーー。

放心状態でテントの受付。

もう歩くことさえ嫌になった私は、テント場に向かう途中、景色も何も視界に入らず木道で立ち止まり泣いた。

もんきち先生ーーーーーーーッ。

あんな所に入れてごめんね。

せんせぇ~~~せんせぇ~~~、 と一人ビェーーーンと泣いた。

もう楽しくも何ともなかった。

これから どうすればいいかもわからなかった。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ←そして今日は警察に届け出ましたが、いまだ見つからず。ごめんね先生。

コメント

  1. toshi より:

    >続きが聞きたいが為に、本の次に重く、なくてもいいアイテム・ラジオを持ってきたのだ。
    あなた、アホでしょ!
    でも、無駄な美学、好きです。

    もんきち先生のご帰宅をお待ちしております。

    • moosuke より:

      toshiくんへ

      無駄な美学。

      そーかそーか、トシくんのザックはきっとこれが一杯詰まってあの重さなんだな。
      一応私は全部活用したよ!?(得意気)
      でも貴方は、担げる体力があるからいい。
      私はすぐ投げ出したくなる。
      …精神面の問題か!?
      先生の帰還、願ってくれてありがとう。
      帰ってきたら是非ツーショットをお撮りしましょう♪