2016年6月みゆきんぐと登る槍ヶ岳3&絶品イチゴしるこ

先日、お店でお会計をしていたら

「あの・・・ブログやってる・・・もおすけさんですか?」

と。

ハイもおすけでございますー。

その女性は、なんと群馬からお越し下さっていて

前回もお山の帰りに寄って下さったそうなのですが

もおすけは休みだったようで。

二度もご来店頂き、ありがとうございます!

山も岩も頑張ってくださいませ♪

で、セール中で慌ただしい先日。

自動ドアが開いたので、いらっしゃいま・・・

あ!

のりへいさんご夫婦だ!!

わあ、お久しぶりですーとご挨拶。

でもその日はラッピングや接客に追われ、その後お話もできず。

折角お立ち寄り頂いたのに、申し訳ございません!

夏山シーズンは、本当に遠方から皆さんいらっしゃっていて

有り難い限りでございます。

でもって、忙しさを言い訳に更新がサボりがちなのは

言うまでもなし。

てか、山にも忙しいですからー。

でもヒロちゃんよりポケモンGOしてる時間も、飲みに行く時間もないわけだから

そう考えると時間はたっぷりあるような気もしますが・・・

とにかく小刻みでもいい。

更新しましょう。

と自分に言い聞かせる47才。

つい先日まで自分が48才だと思っていたもおすけの

みゆきんぐと行く槍ヶ岳.その3でございます。


2016年6月28日 晴れのち曇り

槍平小屋を後にして、再び登り始める。

ここから徐々に急登に。

四方の稜線が見えるはいいが、自分たちの進む最終地点が

まだまだ遠いことに気付かされる。

夏山を感じさせる天気も、次第に曇り空。

まずいなー、テント設営までは天気が保ってくれないと。

雨に濡れているのとそうでないのとでは、テント泊では雲泥の差があります。

急ぎたいところだが。

駄菓子菓子。

みゆきんぐさんのペースが少し遅くなってきました。

「荷物少し持つよ。」と言うも、「大丈夫です。」とみゆきんぐ。

バテてはいないのですが、問題はそこではなくてやっぱり天気。

も:「うん、小屋まで体力は大丈夫だと思うけど、雨に降られる前に着きたいからさ。」

ペースアップ出来るように、もおすけが荷物を少し負担して。

小屋まで急ぎます。

そして幸いにも、天気は持ってくれて小屋に到着。

受付を済ませ、テント設営。

知人のAさんが「珈琲でもどうぞ。」と、サービスして下さいました。

ううう、ロクな手土産でなくってすみません。

有りがたく御好意に甘え、ホッとする2人。

お腹も空いたので、おやつにラーメンを。

160628_9

もおすけはどん兵衛。

そして幸せの珈琲を。

160628_10

Aさんご馳走様でした!

天気は保っていますが、曇空に変わりはなし。

この後どうする?

次回に続きます。


先日、おすすめしたコノ商品。

アマゾン→ 永谷園 苺しるこ

楽天市場→ 永谷園 苺しるこ

ポイント倍付けするなら先にこちらを→ げん玉さん

先日も山で食べたのですが、激ウマでした。

もおすけはテント場に着いて、ホッとした時にまずは甘いモノが欲しくなります。

ビールの人なら、まずビール!なんでしょうけどね。

もおすけはスィーツですわ。

んで、このおしるこ。

従来のおしるこ製品より、小豆の粒々も沢山入っていてゴージャス。

何より、フリーズドライの苺の酸味がたまらないのです。

苺が苦手という方には、よりオーソドックスなこちらもあります。

アマゾン→ 永谷園 あられしるこ

楽天市場→ 永谷園 あられしるこ

お店でも毎日売れていて、メーカーの欠品も勝手に心配しているもおすけ。

この冬の分を買いだめしておこうと思います。

もおすけでした。

ブログ村

こちらも忘れずポチッとね ↓
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ にほんブログ村 アウトドアブログ アウトドア用品へ
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. shizu より:

    もおすけ さま
    いつもブログ楽しみ&参考にしています☆
    群馬からお邪魔したshizuです。
    レジにいるあのお方はもおすけさんではと、心臓ばくばくで会計待ちしていました。
    お会いできて嬉しかったです。
    山帰りには、またよらせてもらいます!

    • moosuke より:

      shizuさんへ

      先日は遠い所、わざわざお立ち寄り頂きまして有難う御座いました!
      山の世界は狭いですねー、知り合いと繋がるご縁に驚くばかりです。

      心臓バクバクとは!全然そんな風に見えませんでしたよ。
      むしろ、突然言われて慌てているのはもおすけの方なんです。
      私こそ、お会いできて嬉しかったです。
      これからも楽しい秋山をお楽しみ下さいませ。