2017年1月 戸台・上ニゴリ沢&歌宿沢でアイスクライミング・1

誰もが無理だと思っていたであろう。

年内に2017年の記事を更新できるとは。

ええ、実はアタシが一番無理だと思っていましたよ。

なんてったって仕事帰りが23時過ぎですし、家に着いたら

ぐでたまのように寝そべっていますからね。

でも、偉いぞもおすけ。

やれば出来る子だったのねー、アタシってば。

2017年に2017年の記事を更新できる喜び。

10月に1月の報告ですが、そこはサラッと水に流そう。

ようやく年明けて今年の山行報告です。

オヤビンと行くアイスクライミング山行です。

スポンサーリンク

戸台周辺(上ニゴリ沢、歌宿沢)でアイスクライミング

2017年01月02日(月)

そう。

新年早々、権現岳も登らず、テントの中で寝正月にしてのには訳があったのだ。

翌日から、オヤビンの偵察に同行させてもらえるという

新春早々お年玉企画のような山行なのです。

クライミングと違って、アイスクライミングは結氷していないと意味がない。

なので、お客様をお連れ出来る状態かどうか、偵察にいくというので

ビレイ役兼ねて連れてってもらいました。

にいちゃん(おやびん)曰く「おさるの散歩」。

今回は小猿も一緒です。

まずは戸台の駐車場に車を停めて。

11月の鋸岳の時と違って、年末年始で車は一杯。

冬に甲斐駒もしくは仙丈ヶ岳を登る場合、北沢峠への林道が冬季閉鎖されるので

ここから北沢峠まで歩くことになります。

それも大変ねー。

と、思いながらダラ~リと河原沿いを歩き始めます。

親猿(おやびん)と、おさるもおすけ。

貫禄の違いは、後ろ姿からも伺える。

シャキーン!とテヘヘー♪なコンビ。

今年は雪が少ないので、標高の低い河原沿いも雪は少し。

その分、凍っています。

滑るがな。

ご覧のとおり、もおすけ&小猿はロープ持ち係。

あとご馳走食材とか鍋とかテントとか。

この辺りは小猿が運んでくれました。

天下のオヤビンにガイディングして頂けるんですからね、

荷物くらいは持ちますよ。

甲斐駒と駒津峰。

河原沿いをてくてく歩き、2時間位かな?幕営地にてテント設営。

さて、ここからが仕事です。

身支度をして凍った滝を目指して、道なきアプローチを登る。

歩きにくー。

ようやく戸台川からスーパー林道まで上がりました。

ええ夏ならここをバスで通るのよ。

ここまで荒れた急傾斜を登りました。疲れた。

で、スーパー林道の高さから見た鋸岳。

11月に登ったのよねー。

やっぱりカッコイイ。

アップで。

尚素敵。

ここまででも結構(いやかなり)疲れます。

で、ここからようやくアイスクライミングですからね。

年末仕事の多忙を理由に怠けていた自分を恨むわー。

それでも、いざ!

登らん!

おやびんのリードで登っていきます。

<続く>


朝型生活が好きなのに、最近すっかり夜型だわ。

なんとかせねば。

最近の課題です。

(ブログ更新の次にね)。

ブログ村

こちらも忘れずポチッとね ↓
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ にほんブログ村 アウトドアブログ アウトドア用品へ
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
新着記事
新着記事